The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
不思議!日本
2005-06-21 Tue 03:20
「日本へ行きたい」

これまで大勢の子供たちから、こう言われた。
子供たちにとって、日本はもちろん想像の世界でしかない。
日本語の授業中、私はよく祖母から定期的に送ってくるハガキ(日本の風景や人、食べ物などが描かれている)を見せる。 


秋の紅葉を見ては、
「どうして木が紅いの?木が燃えている!」と驚く。「日本には四季があって、寒い冬が来る前に、木の色は緑からオレンジや赤に変わるの。」
と言った所で、四季のないウガンダで育った子供たちにはぴんとこないようだ。


ロープウェーの写真を見ては、
「どうしてこんな箱が空を飛べるの?」と。
海のハガキを見ては、
「海はどのくらいの広さなの?どんな魚がいるの?ティラピアやナイルパーチ(ウガンダの湖で採れる淡水魚。ウガンダで魚を食べるとしたら、この2種が主。)はいるの?日本人は食べる?」
子供たちはいつも、予期せぬ質問を次から次へと投げかけてくる。子供たちにとって日本は不思議なことだらけ。いつも、質問に答えるのは一苦労。そして子供たち同志で日本について真剣に話し合っている姿が、何とも微笑ましい。
不思議!日本の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ウガンダでの生活
マラリア
2005-06-07 Tue 03:18
恐れていたマラリアにかかってしまった。

筋肉痛がひどく、頭が重いなあと感じること1週間。
「きっと28歳になって、年を重ねると、疲労感がたまるんだろうな」なんて甘く考えていたら大間違い。これがマラリアの前兆だった。

Have MercyOrphans School での授業中。
急にくらっとめまいがし、激しい頭痛で立っていることができなくなった。しばらく子供たちのいすに座らせてもらい、授業が終わったと同時に、家路へと向かう。ホステルへ着くや否や、ベットに倒れこむようにして横になる。頭痛がひどく、眠れない。日本から持ってきた抗生物質を飲むも、頭痛、喉の痛み、関節痛、吐き気が止まらない。ルームメイトのAneetがミルクを買ってきてくれるが、見るだけで気分が悪くなり、飲めない。朝を迎えるまでの時間が長く長く感じた。

翌朝、Aneetから「マラリアの検査を受けた方が良い」と言われ、近くのクリニックへと這うように歩いていく。結果は陽性。
不安そうな私の顔を見て、「マラリアです。ウガンダ、アフリカ諸国では、マラリアは風邪のようなものだから、そんなに心配しなくて良いですよ」とにっこり笑う看護婦さん。とはいえ、マラリアで死ぬ人がこの国には大勢いるのだ。
マラリアの続きを読む
別窓 | ウガンダでの生活
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。