The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ペルーから・・
2006-06-28 Wed 11:56
私の友人夫妻(倉重さん&よしえちゃん)は、現在ワールドツアー中。2004年10月より、アジア、アフリカ、ヨーロッパにアメリカを廻り、現在は南米のペルーにいます。(私がウガンダにいた時には、ウガンダにも遊びに来てくれました!)
そんな2人から不定期に届く各地のリポートは、食文化を初め、その土地に住む人・生き物の鼓動が満載。いつも世界の色々な風景を知ることが出来ます。2人がペルーで出会ったコンドルの写真が、解説付きで届きました。とっても素敵だったので、アップします。

コンドル


コンドル豆情報(written by 倉重さん)一部を抜粋しています。
 空を飛ぶ鳥としては コンドルの全羽幅は3.5m位で、アルバトロス(4m)に次いで2番目に大きいです。時速35km~45kmで滑空し、飛びます。その飛び方は、羽を決してドタバタせず、一枚一枚の羽根を大きく広げて風に乗ります。アンデス山脈の海抜4000m以上の所に住んでいます。80~100年前後生存し(動物園では40~50年前後くらいだそうです)、死んだ動物のみを食べ、自ら狩はしません。切り立った崖の中腹に巣をつくり、決して他の生き物を寄せ付けません。一度カップリングしたペアーは生涯離れませんし,相手が先に亡くなったら生涯一羽で生き続けます。コンドル・ウオッチングは乾期(冬)の晴天の早朝のみできます。
 アレキパ市(リマ市に次ぐ大きな町で美人が多かった。)よりマイクロバスで6時間 アンデスの広大な高原を走り チバイ村(海抜3700m)の民宿に泊まります。早朝5時起床して、2時間ほど再びバスで山道をCanyon de Colca(コンドルの丘・海抜4500m)にいきます。
 ここがアンデスでは比較的見える確率が高いと言われています。この地域には約30羽のコンドルが生息していると言われています。グランド・キャニオンより深いと言われる峡谷の崖っぷちで、100人ちかい人たちが思い思いのスポットで沈黙と寒さの中 コンドルの飛来を待ちます。静かな盛り上がりの中待つこと2時間、遂に飛んできました。羽根をいっぱいのばし、とにかく優雅ですがスピードは速くスーッと遠くへ上昇していきます。とても神々しかったです。しばらくするとまた戻ってきますが、ただただ美しいです。
風の音しか聞こえない中、1時間ほど7~8羽のコンドルが飛んで来ては遠方の高い山のほうに飛んでいきました。やはり野生の生き物は美しく、そして大感動でした。ペルーは初めてでしたが、ここは人も自然も本当に素晴らしかったです。僕はこの国と南米大陸が大好きになりました。コンドルはペルーの国鳥です。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:0 | トラックバック:0
W杯 in Uganda
2006-06-22 Thu 21:02
 ムクワノHPやこのブログに、色々コメントをありがとうございました。私が以前勤めていたテレビ西日本の番組で、「ムクワノ」会について取り上げていただいたり、HPが完成したことで、様々なメッセージをいただきました。ありがとうございます。
 さて、世界中がワールドカップで盛り上がっていますが、今ウガンダでは、ワールドカップ期間中、電気のある家やお店に対して、部屋の明かりや、冷蔵庫のスイッチなどを切るように、ウガンダ・エネルギー省から勧告されているそうです。夕食の準備は、試合開始の前に済ますことや、お茶を入れる際に、電気湯沸かし器を持っている人は、使用しないことまで、細かい指示が・・・。でも、それは、ワールドカップを見るためなんです。
 ウガンダ含め、東アフリカの国々は、今数ヶ月に及ぶエネルギー危機に瀕しています。首都近辺でも、電力の供給は24時間ずっとではないため、ワールドカップのテレビ観戦は厳しい状況。
 ウガンダ政府の役人は、ナイル川にある2つの発電所の渇水が、エネルギー制限の原因だと言っています。この影響で、今年の経済成長は、去年の6.2%から、4・9%まで下がるという予想も・・。政府は、ナイル川に新しいダムを建設すると誓約したのですが、実現までには、まだ時間がかかります。
 ウガンダでは、スポーツといえば、「サッカー」な程、サッカーは国民の間で人気のスポーツ。ワールドカップに、ウガンダは出場していませんが、ワールドカップは国民の関心事。テレビだって、各家庭にある訳ではありませんが、テレビのある家や店には、人だかりが出来ます。
 そんな状況で、政府はワールドカップに備え、「自己制限」の提案。
皆ワールドカップを観戦するのも、必死。ワールドカップでは、日本応援するからと言ってくれている、友人たち。ブラジル戦、日本頑張ってー。
別窓 | アフリカのニュース | コメント:3 | トラックバック:0
国民性!?
2006-06-17 Sat 02:00
  私の友人、ゆき&ウィリーは、とても素敵なご夫妻!ウィリーはケニア人で、2人は夫婦仲良く福岡で「JAMBO AFRICA」というバーを営んでいます。結婚4年目。今まで旦那の故郷・ケニアに行ったことがなかったゆきですが、今年2月に初めてケニアへ行き、すっかり東アフリカの魅力にはまったようです!ウガンダにも行ったゆきが、ワールドカップに因んで、両国のサッカー観戦の様子を教えてくれたので、以下ご紹介をさせていただきます。
 「ケニア人とウガンダ人のサッカー観戦」(by Yuki)
 ケニアに行っていた1ヶ月間、ちょうどアフリカカップがありまして、どこの電気屋でもレストランでもバーでも、テレビの前の席の取り合いが繰り広げられました。ケニアで、多くのケニア人とサッカー観戦をすると、シュートをいれるたびに、大歓声が上がり、そのあとタイガイの客は一緒にきているツレに、そのシュートの流れやらの説明、うんちくを始めます。スペース作ってジェスチャーで説明したり、立ち上がって解説します。
 君たち監督か?・・・。画面の前にワーワー人だかりができます。「わ、わ、わかったから・・座ってくれ。」と思うほど。
 ケニアの隣国・ウガンダでは、ビクトリア湖にあるリゾート公園を訪れました。いい音楽にバーにテラスに湖があるところに遊びにきている人々が、PV用の20型テレビの前でいすを並べてサッカーの観戦。(50人くらいが集まっている)ウガンダの人々は観戦中はとっても紳士的、シュートいれると「うぉー」と歓声はあがるが、すぐ試合にくぎづけ。立ち上がってもすぐ座ります。
 まあ、どこの国でも、みんなで見ると盛り上がる!
と同時に、ケニアとウガンダ、地図上ではこんなに近いお隣通しの国でもこんなに国民性が違うんですなぁーと思ったしだいです。ゆき

別窓 | アフリカのニュース | コメント:2 | トラックバック:0
燕の巣
2006-06-14 Wed 00:40
 家の最寄り駅の改札口に「燕の巣」が2つあります。先月、いつの間にか燕がやってきて、例年のごとく、雛を育て始めました。庇の所から、雛鳥の小さな声が響いてきます。駅員さんも、時々窓口から顔を覗かせて、燕の様子を見ています。駅を通る乗客も、燕の光景に見入っていたり、携帯カメラで撮っていたり・・・なんともいえず、ほのぼのした風景です!無事巣立っていって欲しいな。
別窓 | 徒然なるままに | コメント:3 | トラックバック:0
HP完成
2006-06-11 Sun 00:56
 4月にムクワノを発足し、2ヶ月半が経過。この間、メンバーで会合を重ね、話し合いを進めてきました。ムクワノのHPがようやく完成しました!!アドレスは、http://mukwanojapan.com/です。思えば、一昨年ウガンダへ行く前に、ムクワノメンバーの1人・斎藤 文子さんに、「HPを作ろう」と言われたことがきっかけで、ウガンダ滞在中、日記を書いてきました。もともと文章を書くのは苦手でしたが、HPを通して大勢の方に、メッセージや温かいご支援を頂きました。改めて、皆さまに厚く御礼申し上げます。 
 ウガンダの3回目の滞在では、大学時代に行った時よりも、もっとウガンダのことを知ることができました。大きな大きな空の下で、人々はもくもくと、たくましく生きていました。子供たちの現状を知りたくて、小学校で先生をさせてもらったり、ホームステイをしたり・・・そこから教えてもらったことは数知れず。去年11月に帰国し、ウガンダ・ラカイ地区の子供たちに、少しでも笑顔が溢れるように・・・と個人で募金活動を始めました。そして今年4月、ムクワノを発足。活動メンバーということで、現在6人で色々な計画を練っています。感謝・感謝です。
 他にも福岡から、イベントを企画・提案して下さっている方、又募金をして下さった大勢の皆様、本当に有難うございます。ありがとうの感謝の気持ちを上手く表現できないのですが、沢山の方の協力があって、今に至っています。活動を広げるには、会を作り皆でやったほうが良いのでは!?と言ってくれたのも、友人の原 聡子です。「ムクワノ」とは、ウガンダの言葉・ルガンダ語で「親しい友」という意味があります。ウガンダのラカイにいた時、ある子供から「自分は何故生まれてきたのだろう・・」と言われたことがありました。1人1人、人間は生まれてきた意味があるのに・・・。親を早くに亡くしてしまったため、愛情を受けずに育ってきている子供が数多くいるのです。私の尊敬するマザーテレサは、「誰からも愛されず必要とされないという心の痛み、これこそが最もつらいこと、本当の飢えなのです」と言っています。私たちが出来ることは、小さなことかもしれません。でも、少しでも多くの子供たちが、「自分はかけがえのない存在」ということを感じ、世界が笑顔で溢れることを願っています。「ムクワノ」を発足し、今ようやくスタート地点にたったばかりですが、これからも皆様どうぞよろしくお願いします。(今回のみ、HPの中の活動メンバーのブログと重複して、コメントを書かせていただきました。)活動報告などは、随時新しいHPにアップ予定です。
別窓 | Mukwano | コメント:8 | トラックバック:0
募金報告
2006-06-03 Sat 02:05
  ラカイ地区の「孤児院・兼・職業訓練所」建設・運営プロジェクトですが、 現在79万3000円と100ドルが集まりました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
   又随時報告させていただきます。

 みずほ銀行、自由が丘支店(普)1015045 
    「ウガンダの子供たちへ」
  今後ともどうぞよろしくお願いします。
追伸・わかりん、素敵な言葉もありがとう。大勢の皆様のサポートが、心に沁みます。ウガンダからメールをくださったKozuさん、アドレスが分からず返信できません(涙)

別窓 | 寄付のお願い | コメント:6 | トラックバック:0
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。