The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
お大事に
2007-02-17 Sat 16:25
 これまで約2年間コラムを書かせていただいた福岡の健康情報誌「お大事」、2・3月号でウガンダ日記は最終話です。この「お大事に」は病気や健康、薬について簡潔にまとまっていたので、自分自身色々学ばせてもらいましたよ。これから「お大事に」はリニューアルします。詳しくは、ホームページをご覧くださいね。http://www.odaijini.jp

           odaijini.jpg

スポンサーサイト
別窓 | ウガンダでの生活 | コメント:1 | トラックバック:0
ウガンダからの届け物
2007-02-15 Thu 11:24
 ウガンダに出張されていた方が帰国されました。その方から私宛てにある箱を預かってきたとメールを頂きました。自宅に郵送してもらい、中味を開けると、ナンサナ村に住む12歳の子どもから!手紙と共に、なんと小さなケーキが入っていたのです。スポンジに白砂糖の固まりがたっぷりかかったケーキ、よーく見るとスポンジの部分に、小さな虫たちがたかっているではないか・・・白砂糖の部分は戴きました。ウガンダで食べた時よりも、更にあまーくじーんとくるケーキでした。アフリカ大陸から空を越えて数日かけて日本まで飛んできたケーキ。12歳の少年ルタイヤの茶目っ気と優しさに、ほろっと涙が・・・。ご馳走さまでした。
別窓 | 徒然なるままに | コメント:2 | トラックバック:0
ウガンダのドキュメンタリー番組
2007-02-03 Sat 21:18
ウガンダ共和国のエイズ遺児に焦点をあてたドキュメンタリー番組が、2月10日14時ー15時、テレビ西日本で放送されます。
 去年9月、テレビ西日本の取材スタッフと共に、私は再びウガンダ共和国を訪れました。(この時の日記は、http://blog.mukwanojapan.com/?eid=251392に書いています)。ウガンダ共和国のエンテベ空港に降り立ち、首都・カンパラへ向かう途中、初めてウガンダに来た取材人は、皆一様に「高層ビルがあるんだね」と、緑の中にそびえ立つ、高さ20階建て以上のビルに、まず驚いた様子でした。ウガンダの都市の風景は、年々刻々と変化しています。特にここ数年は、インターネットカフェが首都のカンパラでは至る所にお目見えし、高級ホテルや各レストラン、ショッピングセンターなど大型小売店の進出、車の大渋滞など、近代化の波が押し寄せてきていることを感じます。
 と同時にこのカンパラの一角では、ストリートチルドレンや物乞いをする人々の姿が消えることなく、このカンパラの一つの風景となってしまっています。
 取材では、このカンパラから北西に約8キロいったナンサナ村や、東へ約7キロ・センブリのスラム街の小学校、南西に約200キロ離れたラカイ県などを訪れました。ラカイ県のリャントンデ地区は、私たちムクワノが今年6月に「孤児院と職業訓練所」を建設着工する場所でもあり、私が一昨年ウガンダに滞在中、ウガンダ共和国が持つ「闇」を強く感じた場所でもあります。これまで、ウガンダ以外にルワンダやケニア、タンザニアなどの周辺諸国を訪れたことがありますが、アフリカ大陸は沢山の不条理を抱えた大陸だと思います。特に子ども達はこうした「不条理」や「差別」と戦い、生きていました。生きることの安全が脅かされている中、未来を担う子ども達がどうなるのだろうかと危惧することもありました。
 取材では、ウガンダ共和国の保健省や国家エイズ委員会へのインタビュー、売春をせざるおえない女性の姿、そして沢山の子どもたちの声を聞きました。ぜひご覧ください。


blog23.jpg

  (ラカイ県)

20070203212800.jpg

   (ナンサナ村 ASHINAGA UGANDA・レインボーハウスの前で。取材中の一コマ)
別窓 | Mukwano | コメント:2 | トラックバック:3
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。