The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
「建築批評 土版」
2007-03-23 Fri 19:25

ikko.jpg



「建築批評 土版」(西田書店)。この本には、ラカイプロジェクトの建設・設計を手伝ってくれている小林 一行くんが「ブガンダ国王の墓」について書いた記事が掲載されています。ウガンダはかつて王制をとっていて、ブガンダという王国はウガンダの中心的存在を果たしていました。ウガンダという国名は、このブガンダ王国にちなんでつけられたものなんです。小林くんとは 2004年秋にウガンダで出会いました。彼は当時、大学を休学してあしなが育英会のプログラムでウガンダに1年間滞在していました。

 首都カンパラにほど近いカスビという場所に、大きな茅葺のブガンダ国王の墓があります。本にはこのブガンダ国王の墓を通して小林くんが感じたこと、ウガンダの建築様式やウガンダ人の建築への概念、また地方に滞在した時の経験などが書かれていました。私もこのブガンダ国王の墓には、1度行ったことがありました。歴史を感じさせる建物です。現在もブガンダ国王の親族が敷地の中に住んでいるんですよ。
 現在は日本の大学院で建築を学ぶ小林くん。ウガンダ滞在中は現地の建築事務所で手伝いをし、マケレレ大学(ウガンダの国立大学)で建築について学んでいた彼だからこその視点。「建築」から見たウガンダは、25才の彼にどううつったのか。ぜひ読んでみてくださいね。
スポンサーサイト
別窓 | ウガンダでの生活 | コメント:3 | トラックバック:0
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。