The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アートセッション
2008-06-24 Tue 01:01
コンサートが終わり、イギリス行きが近づいてきました。気づけばパッキングや部屋の片付けなど何もしていない!!今週と来週で頑張ります。

さて今日は、芸術家の宮島達男さん、世界銀行東京開発ラーニングセンターの方々と打ち合わせをしてきました。実は少し前から、世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)、世界銀行情報センター(PIC東京)、MUKWANOで、ウガンダの遺児と日本のアーティストがテレビ会議を通して交流するプログラムの立ち上げ準備を進めていました。

宮島さん。とても気さくで温かいオーラを持った方でした!!アフリカ大陸とはいつか関わりたいと思っていらっしゃったそうですが、なかなか機会がなかったとのこと。ウガンダの子どもたちがどうしたら喜ぶだろうかと真剣に考えて下さいました。

アートプログラムの立ち上げに向けた予告編として、6月25日(水)午後6時~8時に
世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)(東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階)でテレビ会議セッションが行われます。
スピーカー:
宮島達男さん (現代芸術家)
ワッスワ・ビリッグワ さん (駐日ウガンダ共和国特命全権大使)
世界銀行ウガンダ事務所 他

お誘いを受けたのですが、私は当日参加できず、ビデオメッセージという形で出させていただきます。グローバルな開発課題や途上国の貧困問題の解決のために、芸術がどのような役割を果たしうるかについて話し合われます。


スポンサーサイト
別窓 | Mukwano | コメント:4 | トラックバック:0
ありがとうの気持ちを込めて。
2008-06-23 Mon 17:07
21日のコンサートが、無事終了しました。今回MUKWANOは特別協力という形で、企画段階から構成、会場の展示まで多岐に渡り、携わらせていただきました。
お越しいただいた皆様、有り難うございました。400人以上の方に来ていただき、心より感謝致します。

実は、ここ数日色々な感情が私の中でぐるぐると回っていて、珍しく緊張状態が続いていました。

子どもたちが作った携帯ストラップは売れるだろうか?展示物、うまく飾れるだろうか?(会場の制限で事前に作成していた展示物が飾れないかもしれないという緊急事態が発生していたのです)、お客さんはどのくらい入ってくれるだろうか?などなど。

しかし私の心配は他所に、周りの皆さんの力で心に深く刻まれた素晴らしい1日となりました。ボランティアの皆には、本番開始の3時間半前から作業にとりかかってもらいました。

           (譜面台を使って展示)
junbi2.jpg

           (受付準備中)
junbi3.jpg

 
川井郁子さんと向井亜紀さんは、国内外で子どもに対する活動を継続的にされており、事前に今回のコンサートに向けてアフリカの子どもへの想いを聞かせていただいていたのですが、お2人のお気持ちがまさにバイオリンと朗読に詰まっていました。

 私たちが関わっているRakai県の子どもが書いた作文。この作文は子どもたちが自分の過去を言葉にして書いてくれたものです。書いている間、子どもたちも昔の辛かった経験を思い出し、何度も洋服の端で涙を拭っていました。「日本の人に読んでもらってよいよ」と子どもたちから許可をもらい、その作文をもらってきました。子どもたちがLuganda語で書いたものを、英語に訳してから日本語に直訳。

 それを、向井さんが一言一言を噛み締めるように読んで下さったのです。私は朗読を聞きながら、そして川井さんのバイオリンを聞きながら、書いてくれた子どもたち、そして未だに数多くいる困難な環境の子どもたちに思いを馳せ、これからの活動への想いを新たにしました。これからも1人1人の子どもの心と向き合っていきたいと思います。私たちが接している子どもたちは、辛い過去を背負って生きています。又、近隣の子どもだけで住んでいる家の中には未だに苦しみと戦いながら生きている子もいます。そうした子どもたちが「生きているって楽しい」と思える時間を作りたい。そして子どもが当然持つべき権利を守らなくてはと改めて強く思いました。

 子どもたちが作った約220個の携帯ストラップ、完売しました。コンサートにこのような形でRakaiの子どもたちが携われたこと、喜んでいます。
 
     (大勢の方に購入いただきました)
buppan.jpg

 buppan2.jpg


 今日の皆様のお気持ち、私たちはしっかりとRakaiの子どもたちに伝えたいと思います。また今日の収益金(Mother Hand基金よりMUKWANOに入り次第、皆様にもお伝えします)を、ホームスクールの机、椅子、大型タンク数個の購入に充てさせていただきます。

(私は川井さん、向井さんと一緒にMUKWANOの活動や子どもたちについてお話させていただきました)。
talk.jpg

  
 最後に、皆さんへ本当にありがとうございました。
これからもMUKWANO一同、地道に活動を続けていきますので、どうぞ宜しくお願いします。
            感謝の気持ちを込めて。 永谷 裕香




別窓 | Mukwano | コメント:2 | トラックバック:0
21日までもう少し!
2008-06-19 Thu 23:40
 あさって21日のチャリティーコンサートまであと2日。会場のパネル作り、当日の販売物のラッピング、募金箱作りなどなど、ほとんど全てを皆で手作りで行いました。それは、先日のブログでも書かせていただいたように、沢山の人のパワーがあったから出来たこと。そして、先週からはチケットぴあの申し込みが終了したために、MUKWANOの方でも協力してチケットの手配、発送作業などを行っておりました。

明日は最後の確認作業で、土曜日はいよいよ本番。私は当日、ウガンダの話、MUKWANOホームについてのお話を少しさせていただきます。休憩時間にはグッズの販売もしますよ!
MUKWANO Tシャツとポストカード、又子どもたちが作成した携帯ストラップを販売します。売れるかなあ。とっても愛おしい大切な存在のサマニャ(丘)の子どもたちが作ったもの。ストラップ作成の行程を間違えては、何度も紐をほどいては結びを繰り返していた子、ビーズの配列を一生懸命考えていた子もいて、1つ1つすごく手の込んだ一品になっています。
 コンサート当日、手伝いをしてくれる方々は80%が学生の皆さん、20%が社会人。皆パワーがみなぎっています!!中にはHPを通じて、お手伝いを希望してくださった方もいらっしゃいます。

 当日券もありますので、ぜひ会場にいらして下さい。
          
                               永谷 裕香

追伸:6月25日(水)朝7時40分から、福岡のRKBラジオ「中西一清スタミナラジオ」(http://rkbr.jp/stamina/index.html)で、ウガンダについてお話させていただきます!!

 
別窓 | Mukwano | コメント:5 | トラックバック:0
コンサートに向けて!
2008-06-13 Fri 23:58
今年も、ツバメが家の近所にやってきて、巣作りを開始。いつもの同じ場所に巣を作り、生活を始めています。毎年、この時期の風景。でもこれを見ている私は、ベースは同じでも、その時に自分を取り巻く環境は変化していて、それを見ている自分も年を1つずつ重ねています。

 一昨年、このツバメの巣を見たときに、2年後の今の自分を想像することなんか決してできなかったし、東京に帰ってきて、このツバメの巣を毎年この時期に見るようになってから、自分の環境も色々変化しています。

 この季節ならではの微笑ましい光景を見ると、毎年ここに来てくれてありがとう!と思います。来年のこの時期は、日本にいないのでツバメとしばらくお別れですが、再来年もまたここで会いたいなあと思う今日この頃です。

 先日、6月21日のチャリティーコンサートの準備会を行いました。大勢のボランティアの方が手伝って下さり、パネルやウガンダの子どもたちが作ったストラップの袋詰めなどを行いました。

junbi.jpg

MUKWANOの活動を始めてから特に思いますが、1人の力は限られていて、得意なことも人それぞれ違います。でも、大勢の人の力が集まると大きな力に変化します。

 今回初めて活動に参加してくれた方々。新しい出会いに感謝。いつも一緒に活動をしている皆、ありがとうございます。
 そしてHPやブログを見てくださっている皆様、これからも宜しくお願いします。

別窓 | Mukwano | コメント:0 | トラックバック:0
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。