The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
International Forum on Children & AIDS
2006-10-29 Sun 19:15
日本小児科学会とユニセフ東京事務所主催の「世界のこどもとエイズの問題」のフォーラム(International Forum on Children & AIDS)が11月19日(日)に国連大学で開かれます。エイズの現状(世界と日本)や、国際小児科学会のエイズ対策、日本の若者に広がるエイズなどなど内容は多岐に及んでいます。
今年8月に第16回国際エイズ会議がカナダ・トロントで開かれました。エイズによって親を失った子供は世界で1500万人。その8割がサハラ以南のアフリカにいると言われています。(日本の小・中・高校生に匹敵する数)。初のエイズ患者が報告されてから、四半世紀。今までエイズは大人の問題として考えられ、大人のための対策がとられてきて、「子供のエイズ問題」はその対策が置き去りにされてきたことが報告されました。
19日は、その「子ども」に焦点をあてたエイズ問題の現状と対策が報告されます。(私は当日司会をします)。

unicef
スポンサーサイト
別窓 | アフリカのニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<ラカイ | ウガンダ←イギリス→日本便り | 福岡>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。