The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2007-04-13 Fri 22:42
春は、卒業・入学・就職など新しい生活がスタートする季節。私もこの春は、いつもにも増して新鮮な春を迎えています。

4月に大学院に入学し、修士課程で人間の安全保障、平和構築、アフリカの紛争問題などについて学んでいます。大学を卒業して8年近く経った今、もう1度学びたい、勉強をしたいと思ったのは、ウガンダの経験がきっかけです。

「平和はどのように構築できるのか。人間の安全を守るにはどうしたら良いのか」と自問自答する中で、実践に加え学術的な知識を身につけなければならないと思ったから・・。大学院での研究テーマはウガンダ共和国・ラカイ県でHIV/AIDSによって親を失った子どもたち、中でも子どもが家長を務める家々に焦点をあて、どのように子どもたちの安全を守るか理論と実践から学びたいと計画しています。

 大学時代は、あまり熱心に勉強をしてませんでした。目的や目標がある今、学べる環境に身を置けたことが非常に嬉しく、これから楽しみです。先週、新入生への基調講演で緒方貞子さん(現在JICA理事長)のお話を聞きました。「人類社会の将来・人間の安全保障の政策的展開」という講演の中では、多くの可能性と共に、多くの不安をもたらしたグローバル化、そこから生まれた人間の安全保障についての考え方、平和構築の大切さと難しさなどについて話を聞きました。平和は待っているものではなく、作り上げていくものだというメッセージが込められていました。

 最後に2008年に日本で開催されるG8サミットのことも触れられました。日本の市民社会がアフリカの課題に関してどのように取り組んでいくか、検討する時期も来ています。

「私は、日本は内的な国に思える、日本の安全の為にも他国の人との信頼を築いていかなくてはならない。私たちはどんな国に生きているのかを常に考え、外から日本を見る視点を忘れないこと。しっかりと勉強をしてください」

緒方貞子さんの言葉忘れません。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:1 | トラックバック:0
<<「あたりまえ」を疑う社会学 | ウガンダ←イギリス→日本便り | 「ラストキング・オブ・スコットランド」>>
この記事のコメント
yukaさんもいよいよ次のステップへ進まれたんですね!
話は少々逸れますが、地域医療より都会での生活を選択する若い研修医の実態をニュースで見て愕然としたのですが、日本人全体が内側を向いている今、yukaさんの志が一人でも多くの人に届くことを、Mukwanoの成功と併せて願っております。
(猫吉改めねこロン坊でした)
2007-04-13 Fri 22:59 | URL | ねこロン坊 #tb9DrLsA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。