The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
北部ウガンダ
2005-01-11 Tue 02:55
2004年12月31日のNEW VISION(新聞名)の一面はPEACEという5文字が大きく書かれていた。
2005年1月1日の一面にも、A YEAR OF PEACE(平和年)と太字で記されていた。

その下には、「血なまぐさいLRA軍が政府と歴史的な対談をし、戦争はまもなく終結を迎えようとしている」とある。

ところが1月2日には「WAR RESUMES」(戦争が再び始まる)Museveni orders attacks on LRA,rebels ambush UPDF vehicle.
(ムセヴェニ大統領がLRA(反政府軍)を攻撃するよう指示。
一方、兵士は、UPDFの車を奇襲。との文字が刻まれた。年末から北部ウガンダに関するニュースが紙上を賑わしている。

北部ウガンダでは、18年もの間、国軍と反政府軍(LRA、別名・神の抵抗軍)の戦闘が続き、数万人の市民が犠牲となっている。
スーダンとの国境付近で、反政府ゲリラが活動し、子供の誘拐や大量殺戮、強盗などが頻繁に起きているのだ。道路にも地雷が埋められている可能性があり、ウガンダ人も北部に住んでいる人以外は、決して近づかない。


殺人、レイプが横行し、栄養失調の子供が溢れかえっているという。襲撃にあう危険があるために、食料や水、医療などの援助に手が届かないエリアが沢山あるそうだ。
はしかが大流行したり、衛生状態が悪いために寄生虫などによって病気になった人も数多く、死亡率も上昇し続けている。

誘拐された子供たちは、男の子の場合は少年兵に、女の子の場合はゲリラのSEX SLAVEに強制的にさせられる。
自動小銃や地雷などの小型武器の改良が「子供兵」の増員に拍車をかけたと言われている。

小型武器は軽量で、子供でも容易に扱えること、又体が小さな子供たちは目立たないために、スパイに適していること、素直で純真無垢な子供の性格はゲリラの政治思想を毎日のように吹き込めば、簡単に非道な兵士に仕立て上げられることなどから、子供は戦力として充分に使えるのだ。

もし子供が逃げようとした場合には、四肢の切断や家族を自らの手で殺すように命ぜられたりととりわけ残虐な暴力が待っている。
人を殺すことに恐怖を感じる子供には、覚せい剤や麻薬を使って、感覚を麻痺させる。そして女の子たちは、ゲリラの性的奉仕者になり、父親の分からない子供を生んだ少女たちも沢山いる。

自らの権利に無知で従順な子供たちは、抵抗する術を持たない。戦争の度に犠牲になるのは、罪のない子供たち。戦争が終わっても、子供たちをとりまく環境は厳しい。

殺人を強要され、トラウマを抱えていることが多く、心にうけた傷から立ち直ることは難しい。北部ウガンダの乾いた大地では、細くてうつろな目をした子供たちが沢山いるのだ。戦争に例え、終止符が打たれても、それが平和への道ではないことを知る子供ほどの絶望があるだろうか。

Northern Uganda proves that violence breeds more violence.The LRA must learn that war is human stupidity.(北部ウガンダは、暴力が更なる暴力を生むことを立証している。LRA軍は、戦争が人間の愚行であることを学ぶべきだ。―New Visionに書かれた世評)

自分勝手に行動する大人たち。戦争の残酷さを1番よく知っているのは、この子供たちではないだろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 北部ウガンダ
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。