The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
建築にあたり
2007-04-29 Sun 01:09
2006年夏。建築家の筒井 康二さんにウガンダ・ラカイ県の孤児院建設にあたり、設計をお願いできないかという依頼をさせていただきました。その時の私は、筒井さんに私がイメージする設計図(といっても、箱を5つ並べて書いただけの度素人の絵)を見せ、ウガンダの写真を渡しながら、現地の状況、風土などを説明していました。今から考えると、私の説明は非常につたないものでした。でも、現地に合わせた設計を、限られた予算内で最大限の質で行うにはどうしたら良いか・・と考え悩みながらも、筒井さんは快く承諾をして下さったのです。
 
 その後ウガンダ・ラカイ県のサマニャの丘で実際に遺児の世話をし、子どもたちから「お父さん」と慕われているリーダーのセンキマ氏の意見、地元コミュニティーメンバーの話を元に、子どもたちの安全や風土・環境に合わせた設計をするにはどうしたら良いか、何度も何度も設計を練っていただきました。ウガンダに1年間滞在をし、ウガンダで建築の勉強をした現在大学院生の小林 一行くんも協力してくれ、皆で協議を行ってきました。
 大学生の時から建築学部に所属していた小林くんは、日本の大学を休学して行ったウガンダ滞在中も、首都カンパラの設計事務所でお手伝いをしたり、ウガンダのマケレレ大学で建築を学んでいました。

 出来上がった設計図を、今度は小林くんが手伝っていた設計事務所に勤めるウガンダ人の建築家・エノック氏が、再考。更にその後筒井さんが確認をし、約8ヶ月の時を経て、設計図が完成しました。

 そして、この建築にあたっては、ウガンダ在住の日本人の方、私のウガンダ人の知人・友人大勢の方にもお世話になっています。資材をどこに行けば安価で購入できるか考えたり、@@の運搬はボランティアでやってもらおうなど、現地の人たちが一杯アイディアを出してくれました。工事の着工は、現在の所5月下旬を予定しています。竣工は、2007年12月1日。今年は、ウガンダでエイズが見つかって四半世紀。国際エイズデーの12月1日に竣工できるよう、地元の皆、そして私たち皆が一丸となって努めていきます。今後ともどうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | Mukwano | コメント:0 | トラックバック:0
<<タイトルなし | ウガンダ←イギリス→日本便り | アフリカン・フェスタ2007>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。