The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
伊東さん
2007-09-25 Tue 13:47
今回私がウガンダに滞在中、友人であり現在大学3年生の伊東さんが約1週間ウガンダに来ました。サマニャの丘で行われたキャンプにも参加。その時のことを綴ってくれたので、ご紹介します。


キャンプは私にとって非常に有意義なものだった。
ほんの少しだけれどラカイのこと、ラカイにいる子どもたちのことを知ることができたこと。子どもたちと一夜を過ごし胸のうちに近づけたこと。


食べ物を得ようと2回並んでいる子どもや自分たちのために肉を隠して取っている子どもがいる一方で、他の子どもたちに自分のご飯をわけている子どもも居たりなどと、キャンプでの生活から、厳しい環境に生きる子どもたちのいろんな姿を見ることができ、非常に多くのことを考えさせられた。

一番印象的だったのはキャンプファイヤーの周りに集まって、ラカイとナンサナそれぞれの大人と子どもが話をしたことだった。しんとした中でみんなが耳を傾けていた。全部は理解できなかったけれど、それぞれのメッセージの重さが伝わってきて嬉しかった。もしあの場で私が話をしたんだったら、私は彼らにいったいなにをしゃべるだろう?自分の人生を通して誰かに訴えたいことってなんだろうと思う。その答えは日本に帰ってきてからも見つかっていない。

一晩だけだったが、子どもたちと将来のことや人生、恋愛のことについて話した。

お互いに共感したり、価値観の違いにびっくりしたり、楽しかった。
ラカイの空は満天の星で、流れ星を見て、お願い事をすることを教えた。彼らの願い事が今度聞けたらなと思う。

伊東

 camperi.jpg

(伊東さんとナンサナの子ども)

eri1.jpg

    (キャンプでの一枚)

スポンサーサイト
別窓 | ウガンダ・ラカイ地区 | コメント:0 | トラックバック:0
<<帰国 | ウガンダ←イギリス→日本便り | ウガンダより⑩>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。