The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2007年12月1日は・・・。
2007-11-19 Mon 18:22
 本年2007年は、1982年のアフリカ・ウガンダ共和国ラカイ県で初めてエイズが発見されて以来、四半世紀を迎えます。その間、多くの人々がエイズで命を落とし、その結果、多くの遺児が生まれました。ウガンダでは200万のエイズ遺児がいます(ウガンダ国家エイズ委員会推計)。

 エイズ遺児を支援するNPO・MUKWANO(2007年10月東京都認証)は、2006年4月1日よりボランティアグループとして活動を始めました。世界的課題であるHIV/エイズ問題に目を向け、特に子どもに焦点を絞り、2007年5月、ラカイ県ルワマグワ郡において、エイズ遺児のための孤児院・職業訓練所の建設を開始し、工事は順調に進み、先日無事終了した次第です。2棟の孤児院、3棟の教育施設を含めた7棟の建物で形成されるこれらの建物は、「MUKWANO HOME」と呼ばれます。

 そして、2007年12月1日(土)の世界エイズデーに、孤児院・職業訓練所の竣工式を執り行います。竣工式に関しては、もともとささやかなものを予定していましたが、当日にラカイ県で、エイズデー公式式典を予定していることを現地のvolunteerが聞き、急きょサマニャの丘で同時開催しようという案が急浮上。

 よって12月1日は、MUKWANO HOMEの竣工式と、ラカイ県の公式式典がサマニャの丘の、完成した孤児院の前で行われます。

 子どもたちの他、中央政府関係者をはじめ、ラカイ県県知事、県庁職員、NGOs/CBOs関係者など多数の皆さんが参加予定です。
 私も、月末からウガンダに行ってきます。今回は短い滞在ですが、とても楽しみです。

 MUKWANO HOME建設にあたってご支援下さった皆様、本当にありがとうございました。私1人の力では何も出来ず、本当に多くの方のお力があって完成しました。重ね重ね感謝致します。これからもエイズ遺児の人権と生活の安全が守られる社会の実現、そして世界的な課題となっているエイズの啓蒙活動を続ける所存です。今後ともご支援の程宜しくお願い申し上げます。
 建設工事費の内訳に関しては、後日MUKWANOのホームページでアップさせていただきます。

     20071119190213.jpg

     (class roomー今黒板を壁につけています)。



スポンサーサイト
別窓 | Mukwano | コメント:3 | トラックバック:0
<<おもちゃ | ウガンダ←イギリス→日本便り | ヒトラーの贋札>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-11-19 Mon 22:44 | | #[ 内容変更]
やっとその日が来たという感じでしょうか。
いつも永谷さんやムクワノのメンバーの方のブログを拝見していますが、これほど早くに実現されるとは正直驚きでした。そこに多くの人々の支援があったことはもちろんかもしれませんが永谷さんの行動力があって初めて実現されることでしょうし、とても自分などには真似できません。
今後施設が上手く活用されていくためにはクリヤーされなければならない問題もあるのかと思いますが、ここまでこれたことは大きな喜びですね。
2007-11-22 Thu 09:04 | URL | あべ #4JcWZNxE[ 内容変更]
あべさんへ
 比較的短い期間で、完成出来たのは、皆様のサポートがあったからなんです。箱物支援だけに終わらないように、今後も現地の人と協力して、子どもの生活保護と自立への道のお手伝いができればと思っています。
2007-11-23 Fri 13:38 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。