The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ウガンダへ電話
2008-01-25 Fri 20:25
 昨日夜、HOMEのリーダー・センキマ氏に電話をかけました。来週水曜日と木曜日に、私の知人が、サマニャの丘に行くんです。彼女は現在ある大学の博士課程に所属されています。社会人を経験されてから大学院に入学。ウガンダには調査で何度か訪れていて、共通の知り合いを通じて出会ったんですが、初対面の時から勝手に親近感を抱いています。
 
 センキマ氏に彼女の訪問の件を伝えると、こちらにも興奮が伝わってくるほど、喜んでいました。
さてウガンダと日本の時差は6時間。ウガンダは夕方4時、こちらは夜の10時。毎度思いますが、ウガンダと日本、地理的には飛行機で約20時間かかりますが、電話を介すと本当にすぐ近くにいるように感じる!やっぱり何度電話していても不思議に思います。センキマ氏は、子どもたちと一緒にいたようで、何人かの子どもの声も聞くことができました!!

 訪問といえば、ドイツと日本の学生さん(いずれもあしながレインボーハウスを通してウガンダに滞在している皆)も、先日このサマニャの丘に遊びにきてくれ、しばらく近隣の村の遺児家庭にホームステイをしたり、HOMEに泊まったりしました。いつかこのサマニャの丘の子どもたちも、違う村に行ったり他の世界を見る経験をさせてあげられれば・・と思います。 

      rakai.jpg


 
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:0 | トラックバック:0
<<甥っ子 | ウガンダ←イギリス→日本便り | オコのwedding party>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。