The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
携帯ストラップの作成
2008-03-30 Sun 00:49
 6月21日にMUKWANOが特別協力をさせていただくチャリティーコンサート。このコンサートで、子どもたちも何か一緒に参加することが出来ないだろうかという構想を練っていた。
 
 コンサート開催にあたって、例えば子どもたちが作る何かを売れないだろうかと、考える。ビーズを使った手作業だったら、HOMEにいる子どもも、学校に通ってきている子どもも皆で作れるかもしれないと先生たちの意見。なるほど。初めての企画なので、できれば低年齢の子も高年齢の子も皆が出来る作業がいい。ビーズなら子ども自身も楽しんで行えるかもしれない。

 材料もウガンダにあるもので揃う。材料は残念ながらRakaiにはなくて、カンパラで大量に購入。ウガンダに住んでいる日本人の方にも意見をいただきながら、今回はコンサートに向けて携帯ストラップを作ることに決定した。

 初めから一気に大勢の子どもたちと一緒に作業するのは難しいのではと判断し、まずはHOMEに住んでいて、学校のhead girlを務めているシャキーラに作り方を伝授する。ゴムを適当な長さに切り、結び目を決まった場所に作る。あとは子どもたちが好きなようにビーズを並べていく。

 最初の数回は結び目を作るのに難航するシャキーラ。でも、同じゴムで7回練習もすれば、すっかり1人で作れるようになっていた。で、ここからはシャキーラが先生になって、他の子どもたちに指導する番。大人の先生の1人もシャキーラの横で、子どもたちに教えてくれていたが、シャキーラの場合自分で失敗した所を途中途中伝えながら進めていたため、この場は一丁前のシャキーラ先生になっていた。

 そして初めの数分は苦戦するも、しばらくすれば何人もの子どもが、大人の手を借りずにストラップを作ることに成功。もちろん最後まで出来ずに何度もゴムをほどいては作り直している子もいたが、そんな時は比較的年上の子が、さっと手を貸していた。

making strap

(右横、立っている女の子がシャキーラ)

agnes and justine

 (アグネスとジャスティン)
 
 日もだんだんと暮れる頃、大きな布袋の中には気づけば沢山のストラップで埋め尽くされていた。初めてのビーズを使った手作業。1つ1つのストラップは、色や模様の統一感はないのだけれど、それぞれに個性的でユニークなものになった。売れるだろうか?

 このビーズ作りに関しては、普段勉強の時間に全くと言っていいほど集中力がないのに、4時間近く作業に没頭している子がいて、子どもたちの新たな一面も垣間見えた。ビーズの作業なので、女の子が中心になるかな?と思いきや、男の子たちも楽しんで作ってくれたように思う。
 これらの特製携帯ストラップは、6月21日のチャリティーコンサートで販売をさせていただきます。

strap.jpg


 追伸。
 ストラップ作りの後は、クワイアメンバーが村の中で、劇や歌を披露する時に身につけるネックレスを作りました。
スポンサーサイト
別窓 | Mukwano | コメント:3 | トラックバック:0
<<水問題 | ウガンダ←イギリス→日本便り | 太陽光発電>>
この記事のコメント
行けたらいきたいわ~
YUKAちゃん、6月のコンサート予定が合えば私もいきたいわ~。来月、会えたらあいましょう!!
2008-03-31 Mon 21:35 | URL | I #4ARdecsc[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-03-31 Mon 22:29 | | #[ 内容変更]
Iさま
 予定が合えば、ぜひいらしてくださいね。コンサートの詳細は、4月にMUKWANO HPにアップさせていただきます。お楽しみに!
2008-03-31 Mon 23:20 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。