The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
近況
2008-10-15 Wed 07:58
 今年6月イギリスに来る前に両替をした時のレートは、£1=約240円。今、£1=173円。

 イギリスの景気も悪化していて成長率は2%近くまで下落。イギリス財務省は、世界の金融市場の異常な不安定状態を受けて、大手銀行3行に最大370億ポンドの公的資金を注入する計画を発表した。世界的な株価の下落。いつまで続くのか。正直言えば、ポンドの下落は物価が高いイギリスで生活する上で嬉しいけれど、喜んでばかりいられない。

----------------------------------------------------------------------------------

 昨日、久しぶりに綺麗な満月を見た。それから紅葉も美しい!地元の人の話では、私が住んでいる場所では、10月中頃から11月上旬までが紅葉のピークらしい。私の中では、Bradfordはすでに「冬」と思っていたが、まだ「秋深まる頃」なのだ。本格的な冬はまだ先ということだが、これから一体どれだけ寒くなるのだろうか?

 私が今住んでいる場所は、アフリカ各国からの学生が多く、冬を体験するのが初めての人も多い。だからか、これから到来する冬の寒さについて、頻繁にたわいもない会話が繰り広げられる。先週はリビア、ソマリア、タンザニア出身の友人達と、ジャケットや厚手の靴下、手袋などを求めて、数人でシティーセンターに買い物に行った程!この買い物中は「これでsurviveできるだろうか?」とか「こっちのジャケットの方が風も遮ってくれて、usuful」だとかそんな会話が続いた。

 イギリスでの学生生活は、日々があっという間に過ぎていく。こっちでは仕事をしている訳ではないので、もう少し自分の時間をうまく使えるだろうと予想していたが、日々エッセイ、プレゼンの準備等々に追われている気がする。それと授業で使う本や資料を少しでも事前に目を通しているのといないのとでは、lectureの理解力に俄然差が出る。追われていると感じるのは、自分のペースがまだつかめていないからというのも理由の1つ。

 First essayの締め切り日が、11月6日。それを機に、1ヶ月に1度のペースで次のエッセイの締め切りがやってくる。という訳で週末は今借りている紛争とジェンダー、サハラ以南アフリカのHIV/AIDSの本数冊を、読み込みたいと思います。


スポンサーサイト
別窓 | イギリス | コメント:0 | トラックバック:0
<<住居 | ウガンダ←イギリス→日本便り | academic year has started!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。