The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
晴天
2008-11-20 Thu 12:12
11月16日

週末のBradfordは朝から晴天で、外出したい気分になっていた所、すぐ近くに住むクラスメートで中国出身のXiomeiから電話があり、どこかに行かないか?と。そんな折、イギリス出身のSarahからお茶を飲みに来ないか?とメール。SarahはSaltaire(Bradfordから電車で約10分)の運河の上に浮くボートに住んでいて、途中、エチオピアで仕事をしていた時以外は約15年ボートでの生活を続けている。

という訳で、Xiomeiや同じ集合住宅に住む他の友人も誘って、皆で日帰りSaltaireツアーを決行。

イギリス人の家庭におじゃますると、決まってある暖炉がこのボートの中にもあって、この暖炉を囲んで皆でお茶を飲む時間は格別。私はこれまでもSarahの家には何度か遊びに行っていて、彼女の家にいくと、すごくリフレッシュされるのだ。天気が良かったので、皆で樹木の下を散歩。緑に囲まれた自然の中にいると、身も心も癒される。。。

でリフレッシュした後は、次のエッセイに向けて頑張ろう!と皆で意気込んで帰ってきた訳なんだけれど、なんだか調子が乗らない。結局4時間机の前に向かい本を読むが、頭に入ってこない。。。。

IMG_2235.jpg

11月19日
African Politicsの授業で、グループプレゼン。「HIV/AIDSはアフリカが直面するもっとも重要なチャレンジか?このstatementをcriticalに評価せよ」という題。私たちのグループは3人。持ち時間は3人で20分なんだけれど、事前のミーティングでそれぞれの担当箇所を決めるも、intro担当のシエラレオネ出身のTちゃん、statisticsだけかなりコンパクトにまとめてしまったようで、約2分。体調も崩していたために、これ以上増やせないとのこと。でも代わりに(?)、パワーポイントの作成を勝手で出てくれた。

カナダ出身のJちゃんがHIV/AIDSをlong wave eventと説明し、HIVの感染からエイズを発祥するまでの時間が数年、十数年とかかること:例えばウガンダの感染率は1989年にピークだったが、遺児の数は2003年にピークとなったこと、紛争とHIV/AIDSの関係などについて説明約6分、最後に私が増え続ける遺児がアフリカの発展において大きな問題になっていること、アフリカのHIV/AIDSは貧困やジェンダーの不平等、紛争など他の問題と密接に関わっている為に、常に他の開発問題との関係で考えなくてはいけないのでは?という主張をして約6分。昨日の練習でもほぼ同じタイムだった為に、残りの約5分をどう使うか考えていたところ、偶然同じ住居に住むタンザニア出身の友人に会う。彼にプレゼンについて話すと、「ビデオ使う?」と聴いてくる。そう、彼はタンザニアの国際NGOのフィールドofficerとして5年間働いており、ちょうどHIV/AIDSに関するビデオ約5分を持っているとのこと。

「本当に5分かな?」と半ば疑いながら(申し訳ない)、CDを見てみると4分30秒。内容も、かなりコンパクトにエイズ問題についてのまとまっているミニドキュメンタリーで、プレゼンに組み込むにはちょうど良い^~^ ほぼ時間通りに終わり、順調にプレゼンが終了。

授業では、アフリカのエイズの歴史やジェンダー、貧困とHIV/AIDSとの関係、紛争とHIV/AIDSの関係などについて学ぶ。サハラ以南のアフリカの人口は世界の総人口の10%あまりだが、世界のHIV感染者の60%以上をしめている。女性の社会的、経済的地位の低さにより、サハラ以南アフリカでは女性の感染者が際だって多い。またHIV/AIDSは貧困と切っても切り離せない問題であり、貧困がHIV/AIDSを悪化させ、HIV/AIDSが貧困を拡大させる。

国連のミレニアム開発目標(MDGs)が掲げている8つの目標も、それぞれHIV/AIDSと密接に関わっている。HIV感染の広がりを抑えるためには、どのような状況下で感染が拡大しているかに目を向ける必要があるし、MDGsのそれぞれの項目もHIV/AIDSとの関連の中で考える必要があるのではないか。




スポンサーサイト
別窓 | イギリス | コメント:2 | トラックバック:0
<<rainbow | ウガンダ←イギリス→日本便り | 怒濤の日々>>
この記事のコメント
ルワンダに関するTV番組
ごぶさたです。

11月27日の夜21:10から、NHK-BS1で、ルワンダの大虐殺とそこからの復興におけるNGOの取り組みを取材した特集番組があるそうですね。

……って、ロンドンの永谷さんは見られないのを承知で、参考情報です。

いずれNHKワールドで海外向けもあるのでしょうか。
2008-11-27 Thu 03:46 | URL | アルゼンチンジジイ #n4tKdH7M[ 内容変更]
アルゼンチンジジイ様
ここでは日本のテレビを見られないんですよね。残念です。ちなみに、私が住んでいる場所は、ロンドンからバスで約5時間、West Yorkshireに位置しています。ロンドンにもなかなか行く機会がないんですよ  : (
2008-12-01 Mon 04:27 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。