The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2008年ももうすぐ終わり。
2008-12-28 Sun 05:39
2008年もあと数える程となった。

2008年。
インドのムンバイで起きた大規模なテロ。混乱が続くジンバブエ。コレラの流行をはじめ、食料危機や経済危機が未だ続いている。数日前に起きたイスラエル軍によるガザへの空爆。パキスタンのテロ、アフガニスタンの紛争、国際的な金融危機。国連食糧農業機関は2008年の世界飢餓人口が去年に比べて約4000万人増の9億6300万人に達すると発表した。世界的な金融・経済危機で、飢餓状況はますます悪化する恐れがあるという。世界の飢餓は、そのほとんどがアフリカとアジアの一部に集中している。

そして、コンゴ民主共和国での反政府勢力と政府軍の戦闘激化。以前から避難民であった人の数と合わせれば、東部の避難民の数は130万人を超えた。このうち半数は子ども。私は今回のコンゴの内戦激化は絶望的だとさえ感じていた。

これに関してザンビア出身で、数年に渡り難民キャンプで働いていた友人は、言う。「人々は生き延びる為に、食糧と避難する場所を見つけようと歩き続ける。一体誰が平和をもたらしてくれるのか?平和はやってくるのか?一般市民の誰もが戦闘に疲れ果てている。絶望的になりながらもほんの少しの希望を抱いている。このような状況で、世界が絶望的だと思ってしまったら、コンゴにいる人たちは本当に何もかも失ってしまうんだ。」と。はっとする言葉だった。

コンゴはダイヤモンドや金銅、コバルト、ダイヤモンド、石油、ウラン、タンタルなどの天然資源に恵まれている国だ。では何故、人々はこんなに苦しんでいるのか?苦しまなくてはいけないのか?

天然資源と紛争には密接な関係がある。天然資源がある国の方が、天然資源がない国よりも内戦のリスクが高いと言われている。天然資源によって紛争が起き、長期化し、解決が難しくなることがあるのだ。

例えば、天然資源の1つタンタルは、携帯電話やコンピュータの充電などに使われている。皮肉にもこうした天然資源を使った最終的な商品は、採取されたその国ではあまり使われず、その大半は先進国へ渡って行く。戦争が起きる原因はさまざま。でもその1つに天然資源がある。天然資源が利権構造を作り、国をさらに崩壊させる。しかしここには世界の市場が多いに関与している。欧米やアジア(日本含む)の企業がタンタルを購入し、武器の代金になっては内戦を長引かせる。

携帯電話もパソコンも今や自分の生活には欠かせないものとなっている。自分も遠からずこうした内戦に関わってしまっているのだ。こうした利権のからくりをどう変えていくのか、先進国に住む私たちも、自らの問題として考えていかなくてはいけない。

通常時でも食糧支援を必要としている人達がいるコンゴは、世界で最も保健衛生にかけるお金が少ない国と言われている。年間一人当たり17ドル。この経済危機と紛争で、ますます打撃を受けているのは一般市民だ。一方、アメリカは年間一人当たり6,000ドル(約64万円)使っていると言われている。

これが私たちが住んでいる世界だ。同じ空の下なのに、世界の富は大きく偏っている。


1人1人にできること、何かあるはず。世界が平和な方向に向かいますように。平和が、この地球上で現実のものとなりますように。

スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:6 | トラックバック:0
<<2009年が明けました。 | ウガンダ←イギリス→日本便り | ウガンダのX'mas present>>
この記事のコメント
to:yukaさん

こんにちは。
本当に、2008年がもうすぐ終わりますね。

今回の文章を拝読し、また1つ、自分の知らない事柄を知ることができました(ありがとう)。

「知らない」ということの怖さを感じます。
これだけの情報化社会になっても、やはり現場に携わったり間接的にでも現地のリアルを実感されている方々に比べ、どうしても「実情」を感じることがそうはありません。

僕は、「タンタル」という資源名すら、知りませんでした・・・。
このコメントを送っている今まさに、自分も遠い日本という国から、現地で起きている事に間接的に関わっているんですよね。

『同じ空の下なのに、世界の富は大きく偏っている。』
この文章に、ハッとさせられます。
もっと大きく拡く柔らかい考え方で、地球に起こっている事などを理解できるようになりたい。

そのためにも、何か自分にもできることを考えて、まずは始めなければ。


(戦争や暴力など)過去の歴史や、現在起こっている世界中の情報などを知っても、一部の人は争おうとしますよね。
争いの後の結末を、過去の歴史等を見聞きして、みんな大体は知っているはずなのに・・・。
2008-12-29 Mon 11:33 | URL | s.k #-[ 内容変更]
s.k様
日本のニュースで「アフリカ」のニュースがあまり取り上げられないのも、「実情」を感じることが少ない理由の1つだと思います。私が東京のテレビ局で働いていた2006年-2007年の間、アフリカに関するニュースを伝えたのは2回だけでした。1つはスーダンのダルフールに関するもの、もう1つはレソトのHIV/AIDSについて(未だによく覚えています)。

イギリスに来て感じるのは、例えばBBCではほぼ毎日アフリカに関するニュースが流れますし、アフリカの特集プログラムもあり、世界のニュースをカバーする、もしくはカバーしようとする意気込みが日本とは違うなあということです。
私も現在アフリカの紛争、平和について学ぶ修士課程に所属していますが、学べば学ぶ程、自分の知らない世界が出てきます。s.k.さんにも出来ること、色々あると思います。

良いお年をお迎え下さい。
2008-12-29 Mon 12:27 | URL | yuka #-[ 内容変更]
歴史は繰り返す?
 世界的に富の格差は広がっている。それは、途上国でも、先進国でも感じられる。そして、その格差によって、引き起こされた戦争、資源争い、投資争いによって引き起こされた金融危機・・・これらの出来事は、私たちに何を示しているのか?
 
  ・・・原点に帰ること。自分の生活を見直すこと、人が世の中に目をやり、社会のために行動すること。そして、そこに喜びを感じること、ではないだろうか?

 良くも悪くもアメリカという軸がずれてたことにより、世界は、政治的にも経済的にも資源的にも群雄割拠の時代のように弱肉強食な状態が助長されるのではないか、と思うことがある。

 今こそ、歴史に学び、私たちの祖先が、いかに危機を乗り越えてきたかを実践すべき時ではないだろうか?
2008-12-31 Wed 00:02 | URL | ホセ清水 #-[ 内容変更]
今年も後1日となりました!
お元気ですか??

そうですね。今年は原油価格の高騰もあり、アフリカ諸国は相当の打撃を受けていますね。

YUKAさんのブログを読んでいて”知る”という事は大切だと思いました。後、”希望”という事を失ってしまっては人間は駄目になってしまうとも思います。

残酷ですが、結局は人間も動物と一緒で弱肉強食の社会だと思います。ただ人間は助け合って生きていく事ができます。まず”知り”、共に生きていく為にどうするのか”考え”、そしてそのために”バランス”をとり生きていく。

yukaさんぜひぜひ頑張って下さい!!

来年も宜しくお願い致します!!
2008-12-31 Wed 10:48 | URL | Miku #-[ 内容変更]
Re: 歴史は繰り返す?
これまで多くの人が戦争に苦しみ平和を願ったにも関わらず、世界を見渡せば同じ過ちが繰り返されています。混迷した今の時代、ホセ清水さんがおっしゃるように、一層歴史に学ぶことが大切であるように感じます。
2009-01-15 Thu 09:16 | URL | yuka #-[ 内容変更]
Miku様
元気ですが、今日までに提出の課題に悪戦苦闘していました。人間ってとっても弱い生き物だと思います。だから1人では生きていけないと思っていてだからこそ、共に助け合って生きていけるような世界が実現できれば、良いよね。

2009-01-15 Thu 09:22 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。