The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
文化2
2009-02-26 Thu 08:04
ウガンダを始め途上国に対する支援も、現地の文化を尊重し、同じ目線に立って考えることが大切だと思う。でも文化の中でも受け入れることが難しいこともある。例えば、病気になった時や何か問題が起きた時にウガンダのRakaiの村では伝統呪術師のもとへ行く人が多い。大きな病気も手遅れになることがあるし、伝統呪術師の中には、HIV感染者に対して処女の女性との性行為を薦める人もいて、性行為をすることで感染したHIVを払拭できるという神話を信じている人もいる。


MUKWANOホームスクールに、1人障害を持った男の子が1時間半の道のりをかけて通ってきていた。彼は脳の病気にかかっていて、右腕が麻痺していて動かすことができない。村の人が彼のことを呪われていると表現したこともあった。障害を持った人に対して文化的beliefとして、偏見だったりコミュニティーからの排除といった態度が含まれることがある。10ヶ月くらいは学校に通って来ていたのに、数ヶ月前から彼のお母さんが、彼を学校に行かせようとしなくなってしまったのだ。もともと彼のお母さんは、彼が学校に行くことを反対していて、(外に出すのが恥ずかしいという理由だった)スタッフが何度か家に行っては、教育の大切さなどを問いて、ようやく学校に来るようになったのに。。

多様な価値観の中で、一方的な価値観を押し付けるのではなく、本当に現地の人に受け入れられる協力を行っていくのはどういうものなのか?と時に悩むこともある。


世界で障害を抱える人の80%は途上国に住んでいると言われているが、社会からの隔離、経済的な阻害といったことが伴うことが多い。ちょうど今学期取っている授業(この授業は開発学からのmodule)で、障害を抱える人に対する差別、偏見を減らしsustainableなlivelihoodを作ることをサポートするにあたってのプロジェクトproposalを作りなさいというグループワークがある。今、色々なケーススタディをもとに、どんなプロジェクトが良いか検討中。今までの支援方法は障害を持った人へのリハビリや職業訓練などが中心だったが、それだけではなく障害者のエンパワーメントが大切なのではないか?でもそれを行うには、特に地方の村などではどういったことが効果的であろうか?

明日も引き続きミーティング。

スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:2 | トラックバック:0
<<オウィノマーケット | ウガンダ←イギリス→日本便り | 文化1>>
この記事のコメント
こんにちは
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
2009-02-27 Fri 06:26 | URL | 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 #-[ 内容変更]
こんにちわ!
ご無沙汰しております!!

このお話を読んで、私がウガンダに行った時、Yukaさんからマラリアにかかった女の子を火あぶりにしようとしていた(火で、あぶって追い出すという事でしょうか)という話を思い出しました。

アフリカに限らず各国でこういう文化的背景というかがありますね。

そしてその根強いものに対してどういう風に働きかけていくか。これって本当に難しいと私もつくづく思います。

こういう慣習だと思い信じている人に、駄目であるとも言えませんし。ただ、その慣習が故に傷ついたり、苦しんだりしている人がいる、という事を、その事情に合わせて話し、共に考えていくしかないのでしょうか。

2009-03-01 Sun 18:33 | URL | Miku #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。