The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PLE
2009-04-13 Mon 07:29
PLEとは、ウガンダ国内の小学校卒業試験で、この成績次第で中等教育へ進学できるかどうかが決まる。今期からP7を導入したことにより、約10人の子どもがこのPLEを今年受験することになる。11月上旬に試験があり、来年1月下旬頃には結果が分かるのだが、成績は1級~4級、決められた点数に届かない場合は不合格となる。不合格になった場合は、どんなに希望しても中等教育には進めず、P7をリピートし、再度次年度の試験の機会を待つ。

ここ最近のウガンダ国内の教育事情は、PLEの受験成績は下降気味。不合格者の割合も増えているようだ。このPLEだけで子ども達の学力レベルを判断することは偏りがあるだろうが、一通り小学校で学ぶべき問題が収まっていると言われているため、P7を教えている先生はこの対策に向けての授業も合わせて行っている。

P7担当のEvalist氏も、朝の7時半から日が暮れるまで、平日は毎日勤務時間を延長して、子ども達に教えている。Evalist氏、他の先生と比べても非常にやる気があって、子ども達への面倒見が良い。またウガンダ国内共通して算数の苦手な子ども、先生が多いのだが、彼の得意分野は算数。彼は以前JICAの研修に参加したことがあるのだが、その時に習った九九の歌を使ったり、授業後も分からないで困っている子に、しっかりと時間を割いて向き合っているのだ。

P7の子ども達も一生懸命勉強をしているのだが、私の個人的な感想としては、残念ながらまだ学力レベルがP7に至っていない子が多い。このサマニャの丘に本格的に学校がスタートして、1年半。それまで学校に行っていなかった子も多いし、色々な問題を抱えながら学校に通って来る子もいる。ホームに寝泊まりできる子は数も限られているし、他の「子どもだけで住んでいる家」から来ている子は、家に帰ったら働かなくてはいけない。集中力が続かない子もまだ多いし、本当の基礎学力がない子が多いのだ。こうした子ども達と触れ合うにつけ、「焦らずゆっくり見守っていきたい」と私は思っているのだが、同時に今まで以上にクラスの仲間と一緒に楽しそうに勉強をしているP7の子達を見ると、この試験があることでの子ども達のモチベーションが高くなっていることに気付き、皆頑張れと思うのだった。


IMG_2945.jpg

(授業が終わった後も、引き続き勉強をしているP7)



スポンサーサイト
別窓 | Mukwano | コメント:2 | トラックバック:0
<<15年の月日ーJusticeとは? | ウガンダ←イギリス→日本便り | 床の水拭き>>
この記事のコメント
裕香さん こんにちは。
去年のマザーハンドコンサートに参加した者です。

子供たち、勉強頑張ってるのですね!
先週の金曜日に、子供たちからのハガキが2枚届きました!手描きの絵とメッセージ、とっても嬉しかったです。
私のブログでハガキのことと、裕香さんのブログも紹介させていただきましたのでご報告です。

お体に気を付けて活動頑張って下さい。
ありがとう。
2009-04-15 Wed 11:39 | URL | komo #aiMm5YXE[ 内容変更]
komo様
有り難うございます。絵はがき、無事に届いて良かったです。今回は、2008年1月~2009年2月までにMUKWANOにご寄付いただいた方で、住所をお知らせ下さった皆様にハガキを送らせていただきました。
子ども達の絵、1つ1つ個性的でしたよ~。
2009-04-16 Thu 18:00 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。