The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
授業終了
2009-04-27 Mon 03:32
今週で、大学院全ての授業が終了した。あとは、数日後に刻々と締め切りが迫っているエッセイ2本を仕上げれば、残るは修士論文のみ。12月までにBradfordの論文と、出来れば東大の修士論文も2本書き上げたいと計画を立てている私(東大の方も、授業は全て履修済みで残すは論文のみなのです)。周りからは、無謀だと言われ確かにそんな気もするのだけれど、出来れば一踏ん張りと思っている所(実際には一踏ん張り所では済まなさそうだけれど。。。)

東大でもBradfordでも、学べば学ぶ程、分からないことが多くなって、知らないことが沢山あることを実感する毎日だった。ここでは、アフリカの平和、紛争コースを取っているため、授業もアフリカのことを学ぶことが多かったし、エッセイでもケーススタディは大体アフリカ大陸の中から選んでいた。その度に、アフリカを遠く感じたり、近く感じたり。果てしなく広大で驚くほど多様な文化、歴史を持つアフリカ大陸。1つに括る事は決して出来ないなぁと強く思った。

クラスメートも色々な国から来ていて、議論は面白かった。Semester2では開発学の授業もとっていて、毎週1~2回のグループワークがあったため、Semester1より断然忙しくなったけれど、この過程は想像以上に勉強になった。このグループワークに関しては、また後日書くとして、Bradfordに来てからは、エッセイの数も字数も多く、提出期限前は本当に大変だった。でも、周りの皆と色々意見交換をしたり、役に立つジャーナルや本を交換しながら進めるプロセスはけっこう楽しかった。授業が終わってしまったこと、なんだか寂しい。これからは授業がないので必然的にクラスメートと会う機会が減るし、もうすぐここを去り、自分の国で修士論文を仕上げる人もいる。

私も6月から9月上旬まではBradfordを離れ、ルワンダへ。約3ヶ月間のインターンは、Rotaryと大学が決めたプログラムの1つになっている。こちらでの論文は色々悩んだ結果、紛争後の正義、和解について、ジェンダーの視点から見ることに。そのケーススタディーとして、ルワンダのGacaca裁判とルワンダ国際刑事裁判所(ICTR)について取り上げる予定。


という訳で、最後のエッセイ2本、仕上げなくては。。。




スポンサーサイト
別窓 | 大学院 | コメント:2 | トラックバック:0
<<文房具を募集しております。 | ウガンダ←イギリス→日本便り | セメントの袋>>
この記事のコメント
がんばれ!!
エッセイがんばって!!
そしてGW明け、楽しみにしてます。
2009-04-30 Thu 15:21 | URL | I #4ARdecsc[ 内容変更]
I様
メール有り難うございます。頑張ります。GWエンジョイして下さい。
2009-05-01 Fri 08:30 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。