The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2009-05-25 Mon 18:42
日も短く、暗くてどんよりした冬が終わり、春の陽気が続いています。やっぱり天気のいい日は気持ちがいい!雨が1日降らないで、快晴だと自然と幸せな気持ちになる。

自分でも勝手だなあ思うのだけれど、私は天気で気持ちが左右されてしまう。→これに気づいたのはイギリスに来てから。朝から雨が降り続いていて暗い朝を迎えると、とっても憂鬱になってしまう。 この気持ちのいい季節がずっと続くといいのに。。。

DSCF3827.jpg

DSCF3832.jpg
(中国、ウガンダ、イギリス、ドイツ、スーダン出身の友人とランチ)。

全てのエッセイを提出した。残すは修士論文のみ。最後のエッセイは、開発学のmoduleのもの。途上国の小規模農業(small scale agriculture)について書いたのだけれど、ごくごく表面的なことしか知らなかった私は、このエッセイ書くのに、すごく時間がかかった。まずこのsmall scale agricultureが、small holder, small farms, family, subsistence, resource-poor, low-income, or low-technology farming とほぼ同義語として使われることが多いことも、ガーナ出身でミレニアムvillageプロジェクトで農業活動に従事していた友人が真っ先に教えてくれた。電子ジャーナルなどで検索する際、small scale agricultureだけではなく、上記の言葉を入れて検索することにより、多くの情報にアクセスできた。


ドラフトが出来上がった後も、推敲を重ねる際、周りのクラスメートが色々アイディアや提案をくれた。ジャーナルで理解しにくい説明があった時は、分かりやすい例を教えてくれ、自分の中で具体化することができた。

このエッセイのプロセスで学んだこと。

アフリカやアジアのほとんどの途上国では75%以上のfarmが2ヘクタールかそれ以下であり、途上国に住んでいる人の3分の2が地方の農地で働いているか、もしくは農地に住んでいる。小規模農家は、作物の生産を増やしそれにより家族を養うと共に食料のセキュリティにとって重要であり、食糧供給を増加させたり、貧困の削減に大きな可能性を秘めている。小規模農業は、色々な作物を組み合わせることが出来、大規模農業に比べ栄養面でも効果をもたらすことができる。実際にケーススタディで見たケニアでは、小規模農業に従事している人の方が栄養価のある食べ物にアクセスできていて、例えばHIV感染者のエイズ発症を抑制する抗レトロウイルス薬療法(ART)の効き目も十分でバランスのとれた食事がポイントになるため、小規模農家が感染者のエイズ発症を抑制する働きを担うことも可能となる。

しかし、その一方で、小規模農家は社会経済的な変化に適応しなくてはいけない。例えば、気候変動とか病気など。また増産を実現するには、肥料とか、種、道具を買うための小口資金へのアクセスが必要だったり、地方ではインフラの整備などもポイントになる。

途上国のほとんどの場所において農業の担い手の多くは女性であり、多数の作物を生産している。サハラ以南のアフリカでは女性が食料の約70-80%を生産しているとも言われている。にもかかわらず、女性はこれらの役割をより効果的に行うことを可能にする財産や、教育、その他のサービスへのアクセスを制限されている。農業の開発の中では、女性の役割やニーズを十分考慮することが必要である。

場所によって、また国の中でも土地柄によってオリジナルの対策が必要とされる。途上国では、小規模農業の重要性を考え、どの要因を考慮したら、小規模農業がうまくいくのか?外部のNGOや政府の介入が入る際も、どの違いを考慮することが重要なのかを理解しなくてはならない。


まだまだ知らなくてはならないこと、知らないことがあり過ぎる。最後のエッセイを書き終え、しみじみ授業が終わってしまったことが寂しいなぁと思うのと同時に、卒業してからも学ぶことを続けていきたいと思う。



スポンサーサイト
別窓 | イギリス | コメント:4 | トラックバック:0
<<ルワンダへ | ウガンダ←イギリス→日本便り | 文房具募集>>
この記事のコメント
こんにちわ!ご無沙汰しております!
エッセイ提出されたそうで、お疲れ様です!!!
すごい!の一言につきます!

ちなみに私もお天気に左右される方なので、日本でもどこでも、雨の時は、少し気持ちが沈みます^^;。


さてさて、「アフリカを食べる」の著者の松本仁一さんの「アフリカン・レポート」という本を今読んでいます。関連するかどうかわかりませんが、Yukaさんもどうぞー。
2009-05-26 Tue 00:36 | URL | Miku #-[ 内容変更]
がんばって
残す修士論文、早めにしあげてね!!
帰国の日を首を長くしてまってます。
2009-05-28 Thu 15:57 | URL | I #4ARdecsc[ 内容変更]
I様
Bradford大学の修士論文のproposalはようやく仕上がった所だよ~。はい、頑張ります!!帰国後、またIさんと会えるのを楽しみにしています。
2009-05-31 Sun 02:32 | URL | yuka #-[ 内容変更]
MIku様
メッセージ有り難う。松本仁一さんの「アフリカを食べる」や新聞のコラムなどは何度か興味深く読んだことがあったけれど、「アフリカンレポート」知らなかったです。最近、出版された本かな?日本へ帰る際には、チェックしてみます!
2009-05-31 Sun 02:33 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。