The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
結納式
2009-08-30 Sun 17:50
先日、Ingandoに行った際、学生への講義を受け持っていた警察官の方に「週末に妹のintroduction party(結納式)とwedding ceremonyがあるけれど、来る?」と誘われた。

ウガンダ式結納や結婚式はいくつか参加しているが、ルワンダ式は初めて。勿論、即答し列席させてもらうことに。

女性側の家の庭で開かれたのだが、結婚を申し込む男性側の親族代表と女性側の代表(通常は、父親が務めることが多い)が約1時間半に渡り、家族や親戚、友人、同僚らの前で話をする。その際、当の結婚を申し込んでいる男性と女性は、その席に同席できないらしい。列席者皆に聞こえるように、マイクで話合う。冗談なども入り交じり、双方とても嬉しそう。

IMG_3192.jpg

この結納式では、大抵男性側から女性側に、牛を贈呈しなくてはならない。ただ、男性も女性も現在首都のKigaliに住んでいるため、牛を置くスペースがないことから牛1頭相当の現金を女性側に支払うことになった。牛も質の良い、値の高いものを渡したいという思いからか、その額は$1000くらいらしい。ルワンダ国民の所得水準から考えると、決して安いものではない。

女性側の親族からの承認がとれた後、初めて当の男性、女性がお目見え!ルワンダダンスが披露され、そのダンスチームに続いての登場。

IMG_3233.jpg
(このダンスは牛を表現したもの)。

IMG_3236.jpg

メイン席で、2人がドリンクを交換し合ったり、それぞれの家族に挨拶に行ったりと、終始和やか。その後は教会で式があり、披露宴に続く。1日でこれら全てを行うカップルも最近増えているらしい。


スポンサーサイト
別窓 | ルワンダ | コメント:0 | トラックバック:0
<<披露宴 | ウガンダ←イギリス→日本便り | 赦すこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。