The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
バナナアート
2009-09-29 Tue 19:27
94年のジェノサイド後、ルワンダの国民の70%が女性になった。多くの男性を亡くし、女性たちが一家の大黒柱になったり、40万から50万人の遺児が、女性たちによって引き取られた。

ルワンダには女性の自立を促すグループが色々ある。このキガリ郊外の村では、ジェノサイドで未亡人となった女性たちが、バナナの樹皮・葉を使って、カードを作成していた。

IMG_3346.jpg

アフリカ大陸にはバナナが50種類くらいあり、甘いイエローバナナから、主食として食べるバナナ(ウガンダではMatokeと呼ばれる)まで色々。バナナを使ったお酒もある。バナナの樹皮や葉は、サッカーボール、かごやマット、ハガキなど色々なものに大変身!まさに生活の知恵。

IMG_3304.jpg

デザインも色使いもそれぞれ異なっていて、すごくかわいい。私はキリンが大好きなので、女性の皆さんにお願いをして、特別にミニカードを作ってもらった。個人用に大量購入。

IMG_3176.jpg

帰り際に、ウガンダの子ども達が作ったストラップやアクセサリーを見せたら、ここでも作りたいといった声が上がり、カードや裁縫などを指導している先生に、急遽実演。ただ、問題はルワンダの街中でこれらの材料を見かけないこと。先生達は時々染色の材料などを買いに、カンパラへ行くこともあるということなので、取り急ぎカンパラのお店の場所などを伝えた。ただ、ストラップもアクセサリーもほんの数回教えただけなので、この後彼らだけで作れるかというと、正直疑問。(作り方は簡単なのだけれど、微妙な長さの加減があり、この部分は、ウガンダの子ども達や先生が完全にマスターするまでは、すごく時間がかかったので)。

外国から来る客がこれらのカードを購入することが多く、観光客が少ないこの場所では、なかなか収益は伸び悩んでいるのが現状らしい。だからか、作っている方達がすごく喜んでくれた。先生の1人が、「購入する人がいると、彼女達のモチベーションが上がり、技術も向上していく」と言っていた。今後このグループは、ネットでの販売も考えているようなので、少しずつでも収入の機会が増えれば良いなぁ。。。


スポンサーサイト
別窓 | ルワンダ | コメント:0 | トラックバック:0
<<フィンランドへ | ウガンダ←イギリス→日本便り | 冬到来>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。