The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Parcel Force
2009-10-03 Sat 20:55
話はさかのぼること、今年4月。5月にInternational Food eventという大きなイベントがあり、そこで、ぜひ日本の伝統的な服を着て参加して欲しいと頼まれ、急遽母に頼み、浴衣を送ってもらうことに。ところが、母が日本から浴衣を送ってから2週間経っても、私の元へ届かない。

そんな折、イギリスの郵便事業であるParcel Forceからハガキで、Leeds支店で、私の荷物が止まっているとの連絡があった。早速電話をすると、税金と手数料(トータル£30)を払わないと、荷物は届けられないとのこと。今まで1度も受け取りにお金を払ったことはないし、何故、自分の浴衣に税金?と思い、抗議をするも全く受け入れてもらえず。イギリス人の友人によれば、おかしい話だけれど、もしお金を払わないと荷物を受け取るまですごく時間がかかると言う。

すでに5日後にイベントが迫っていたため、デビットカードでお金を払うことに。£30だけれど、でも腑に落ちないなと思いながら、その後浴衣を受け取った。その1ヶ月後、ネットバンキングサービスをチェックすると、Parcel Forceが同時に2度も£30を引き落としていたことが発覚。勿論、Parcel Forceの間違いなのだけれど、電話でまた抗議をすると、計8ページに渡るドキュメントに記入をし、自分の所属する大学側からのレターに、イギリスで学生をしているという証明書などを提出し、初めてお金を返せるかどうかのプロセスにかけられるという。

目が点になった。。。。その手間を考えるとあきらめようかと思ったけれど、いやこれであきらめるのは、Parcel Forceの思うつぼ(?)だと思い、とにかくひたすら書類を揃え、6月ルワンダに行く前に郵送したわけ。一応、「自分の浴衣に関税をかけられるのはおかしい」ということも別途書いて送った。

でもここはイギリス、今までにも何度かParcel Forceにまつわる嫌な話を聞いていたので、すぐに振り込まれる訳はないとは思っていたけれど、8月後半になってようやく£30がカードに返金され、その後9月下旬に更なる£15が戻ってきた。残りの£15はParcel Forceで数日間保管し、郵便で送った為の手数料で、この金額は返せないとのこと。

しかし、長い道のりだった。。。。恐るべしParcel Force.




スポンサーサイト
別窓 | イギリス | コメント:4 | トラックバック:0
<<フィンランド | ウガンダ←イギリス→日本便り | フィンランドへ>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-10-06 Tue 20:43 | | #[ 内容変更]
いろいろあるのだね
本当に国が違えばというけれど・・・いろいろあるね。
日本にいても腑に落ちないことたくさんあるけど海外に行けばなおさらだね。
しかし、浴衣に税金かかるなんて???
ところで、論文進んでますか?
帰国、首をながくしてまってます。
2009-10-08 Thu 17:56 | URL | I #4ARdecsc[ 内容変更]
I様
イギリスの方の論文は、ドラフトを書き終え、今最終チェックをしている所だよ!来月には帰国する予定なので、会えるのを楽しみにしています。
2009-10-14 Wed 06:45 | URL | yuka #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-09-18 Sat 00:57 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。