The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
カンパラの治安
2005-11-26 Sat 00:30
ウガンダに住む何人かの友人からメールをもらいました。内容は、彼らの近況と、2001年の大統領選挙でムセベニ大統領の対立候補として名をあげていたBesigyeの話。Besigyeは、選挙終了後に南アフリカに4年間亡命していたのですが、最近ウガンダに帰ってきました。
 政府を倒そうと企てていたことと、1997年に犯した強姦罪が見つかり、帰国後すぐに逮捕。彼の逮捕前に、彼の後援グループが暴動を起こしたり、それに伴って強盗団が現れたりと、カンパラ市内は現在厳戒態勢が敷かれているそうです。(普段は交通量の多いカンパラ市内ですが、今車の量は本当に少ないそう・・)
 私の印象で、ウガンダ人は結構「暴動好き」。今年5月マケレレ大学で生徒会長を決める選挙があったのですが、その時も選挙に不正があった(真実かは?)という理由で、大学近郊では数々の暴動がありました。私が住むホステルにまで、催涙ガスが撒かれたんです。
 今回の暴動も、大きなことにならなければ良いのですが・・・。
スポンサーサイト
別窓 | アフリカのニュース | コメント:0 | トラックバック:0
<<東京の生活 | ウガンダ←イギリス→日本便り | 日本での先生業>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。