The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ウガンダからの手紙
2005-12-27 Tue 23:34
 ウガンダの子供たちからクリスマスカードが届きました!!勿論、現地にいる日本人の方が、手紙を送付してくれたのですが・・・中から5人の子供たちの手紙が飛び出てきました!!学校の様子、今は冬休みに入ったことや、兄弟や友達の話まで皆の近況が伝わってきました。絵を描いてくれた子もいて、その中には子供たちと同じく茶色い色で私の顔まで描かれているではありませんか。突然の嬉しいクリスマスプレゼントでした。
 ウガンダにいたのは、たった1年ちょっとなのに、実は私日本へ帰ってきて、少しかるーい逆カルチャーショックを感じていました。凶悪な犯罪があまりにも多いことや、今教えている日本の子供たちがあまりにも疲れていることなど・・ここ、東京の喧騒の中で、ウガンダの子供たちのことをよく思い出しています。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:2 | トラックバック:0
<<高校生を前に・・・ | ウガンダ←イギリス→日本便り | クリスマス>>
この記事のコメント
素敵なプレゼントですね。
こんばんは。初めて、このブログにコメントします。
素敵なクリスマスプレゼントですね。「かわいいなぁ」と思って、つい書き込みをしてしまいました(^^;)。
映画館で働いていたとき、夏休みに子供向けのアニメ教室を開催しました。夏休み終了後、子供たちからお礼の手紙をもらった時は嬉しかったのを思い出してしまいました。

昨今、日本の子供たちを取り巻く環境は難しいものになっていると感じます。ただ、当の本人たちの心の中はウガンダの子供たちと変わらない、純粋さを持っていると思います。

先日、これまた映画の話で悪いんですが(映画バカなんで(^^;))、「天空の草原のナンサ」というモンゴル映画を見ました。ご存知ですか、この映画?
本当にまばゆいばかりの遊牧民の子供たちの笑顔。そんな彼らにも押し寄せる社会の変化。 この先、この子供たちはどうなるんだろうか?と切なくなりました。
と長くなってしまって、ごめんなさい。時間があるときにでも、機会があれば「天空の草原のナンサ」見てみてください。
では。
2006-02-12 Sun 19:49 | URL | MUTA #-[ 内容変更]
むたさん
ずい分返信が遅れてしまい、すみません。子供たちからのお手紙って、とっても嬉しいですよね。おっしゃるとおり、子供たちが持っている、純粋さは世界中、同じだと思います。異なるのは、子供にのしかかっている重荷。日本の子供の場合は、過度の期待という重圧でしょうし、ウガンダ・ラカイの子供の場合は、子供なのに大人のように自立し、自分を守っていかなくてはいけないという重荷・・ 
 「天空の草原のナンサ」は、見たことがありません。見てみます。
2006-03-14 Tue 09:36 | URL | yuka #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。