The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
高校生を前に・・・
2005-12-30 Fri 17:15
 高校時代に「英語」だけではなく、「何故人は生きるのか」「何故勉強するのか」etc・・を教えてくれたK先生に依頼され、先日約130人の高校生の前で、「ウガンダ」のお話をさせていただきました。
K先生は「優しさと強さ」を兼ね揃えた非常に魅力あふれる先生です。(現在58歳。現役バリバリ) 
 K先生曰く、最近特にやる気や気力が欠けている学生が増えてきているそうです。でも、先生の日ごろの指導のせいか、私が話をしている間中、皆目を爛々と輝かせて聞いてくれました。テーマは「日本とウガンダの教育の違い」。終わった後も、何人かの生徒に質問を受けました。アフリカに関心をもっている高校生が想像以上に多く、嬉しかったです。貧しい途上国に生まれたら、それだけで生きる上での選択肢がない・・与えられた運命を生きるしかない。でも日本に生まれたら、選択肢がいくつでもあって、本人のやる気次第で、それが幾通りにも増え、その中から自分で選択できますよね。高校生たちが、夢に向かってますます前進していって欲しいなと思います。私も負けないぞーー!!
 
 
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:3 | トラックバック:0
<<A HAPPY NEW YEAR | ウガンダ←イギリス→日本便り | ウガンダからの手紙>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-01-02 Mon 21:22 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-01-03 Tue 23:42 | | #[ 内容変更]
今年はどうする
明けましておめでとうございます。
高校生ならずとも、大人の私もあこがれる
永谷ちゃんのチャレンジ。
ぜひウガンダの話をもっと聞きたいです。
また会いましょう。
そうそう、まめも近所にいますし。
2006-01-05 Thu 23:50 | URL | elm #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。