The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
少年兵
2006-03-22 Wed 10:27
 政府は、20日ウガンダ、ルワンダ、コンゴ、ブルンジのアフリカ4カ国に、元少年兵の社会復帰を支援するための総額200万ドルの無償支援を実施することを決めた。国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合(AU)と一緒に、支援をスタートさせる。予定では、読み書きのできない少年兵への教育、大工仕事や、機械操作などの職業訓練を実施。子供たちの心のケアにもあたるとのこと。
 世界には子供を守るための法律は沢山あるが、その法が机上のものだけで、全く機能していない国も沢山ある。世界には、18歳未満の子供兵士30万人がいると言われていて、アフリカ諸国では、その数約12万人。
 生まれてきてすぐに、兵士として育てあげられ、時に親や隣人をも殺さなければならない、子供たちの心の傷は、どうやって癒せるのだろう・・・。
 18日には、アメリカ政府も北部ウガンダで続く20年の内戦に終止符を打つよう努めると発表。20年という期間。20年前に兵士だった子供は、今大人になり、何を思い、何を幸せに生きているのだろうか。
 子供たちの傷は、簡単には癒えないだろうが、少しでも生きていることに希望を持てるようなプログラムが実施されれば・・と思う。そして、今尚続く内戦が終わることを強く望む。
スポンサーサイト
別窓 | 北部ウガンダ | コメント:1 | トラックバック:1
<<講演 | ウガンダ←イギリス→日本便り | ビデオ作成にあたり・・>>
この記事のコメント
v-23]
2006-11-23 Thu 09:09 | URL | #XVCcWgko[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
少年兵少年兵(しょうねんへい 英:Child soldier)、あるいは少女兵は、18歳未満の子供の兵隊のこと。子供兵士の呼称も同様に用いられる。概要歴史的には少年十字軍、オスマントルコのイエニチェリ、太平洋戦争末期における日本軍やヒトラーユーゲント等の事例が見受けられ …
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。