The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Rakai report written by Mr.Takechiyo No.2
2006-04-08 Sat 19:43
以下、友人のたけちよ君が書いた「ラカイリポート」の続きです。

・私は1ヶ月の間に100軒の遺児家庭(遺児がいる家)を訪れました。このラカイの村には、両親を亡くし子どもだけで生活している家庭が多く存在しています。そうした家庭が、私が訪れた家100軒中、23軒もありました。(23軒以外の家は、祖父母や地域のボランティアなどが、遺児を引き取って暮らしていました)
その現状に驚きました。両親だけでなく、祖父母や親戚もいない、「子どもだけの生活」とはいったいどういうものなのでしょうか。想像もつきません。そして、子供だけで生活をしている子供たちには、ほとんど同じようなストーリーがありました。それは親が亡くなる前、エイズ治療のため土地や身の回りの生活必需品を売り払い、スッカラカンになったときに子どもだけが残されてしまったというものです。そういった子どもたちは、初等教育以前の厳しい状況に立たされているのです。
・過去ウガンダでは、エイズの爆発的な感染流行により人工の1割を亡くしているという事実があります。そうしたウガンダでは、学校教育のほかにもエイズ教育というものも大きな教育の柱となるのではないかと思わされます。エイズ遺児がエイズに対してしっかりとした知識をもつことは、今後もこうした悪循環を予防するという意味で大きなことではないかと思うのです。
・ここラカイ県は1970年代前半よりエイズの症例が認識されはじめ、最初にエイズが最初に広がった地域とされています。現在ウガンダ全体でのエイズ平均感染率は6.4%(ウガンダ政府の統計による)なのに対し、ラカイ県は11%以上という依然に高い率です。

 No.3は、後日アップします。
スポンサーサイト
別窓 | ウガンダ・ラカイ地区 | コメント:7 | トラックバック:0
<<Rakai report written by Mr.Takechiyo No.3 | ウガンダ←イギリス→日本便り | Rakai report written by Mr.Takechiyo No.1>>
この記事のコメント
生の声のチカラ
国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機構(WHO)の「HIV/AIDS 最新情報(AIDS epidemic update)」年報2005年版には、「ラカイでのHIV陽性率は急激に低下しており、1994-95年には20%であった女性の陽性率は、2003年には13%に、また同時期の男性に関しては15%から9%に低下している・・・しかし、ラカイでの陽性率の低下の一番大きな原動力となったのは、その高い死亡率のようである」と記載されています。急激に低下しているとしても、高い率であることには変わりないですね。それに、高い死亡率が減少の原動力ならば、ゆかさんが以前のブログで書かれていたように、発症から死にいたるまで約10年かかるという点とともに、孤児の減少に直結することにはならないですよね。
同報告書には、気になる記載もありました「・・・ラカイ(とウガンダ国内各地)では現在、15歳から24歳の年齢層の男女のHIV発生率が再び上昇しているという兆候がある。」と。

“たけちよ君のリポート”・・・このような生の声の伝えるチカラは大きなものだと思います。こういう声、大いに広めるべきです。非力ながら、私も、自分の周囲から伝えていきたいと思います。では、続きを楽しみにしています。
あと、ゆかさん、明日の放送、頑張ってくださいね。
2006-04-09 Sun 11:20 | URL | まさ in 博多 #-[ 内容変更]
(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!
午前3時過ぎ、つけっ放しのRKBから、聞覚えのある声が流れてきました
ふと見ると、なんと永谷様ではあありませんか
いつもつけてるのはFBSなのに、神様の思し召しでしょうか
早速ググってここにやって来ました
ご活躍をお祈りします
2006-04-10 Mon 04:25 | URL | 善福寺の鷹 #o1ZrrgS6[ 内容変更]
初めまして。最近、TVでお目にかからない
ので寿退社されたのかと思っていました。
なるほど、こういうことだったのですね。
感動致しました。
2006-04-12 Wed 03:46 | URL | ホルキー #uwy8K236[ 内容変更]
まささん。
UNAIDSとWHOの年報におけるデータや、それに纏わるご意見をいただき、どうもありがとうございました。
 ラカイだけでなく、ウガンダ国内、SEXの低年齢化が、大きな問題となっています。ラカイにいた時に、‘子供たちは、親の愛情をたっぷり受けていないから、「愛されること」を知らないで育ってきたのでは・・・’と思うことがありました。そんな子供たちだから、もしかすると、誰かから愛されたいと思ったり、「好き」と言われたら簡単に体を許してしまうこともあるのだろうかと思ったり・・・。負の連鎖反応が、起きているような気がします。
2006-04-13 Thu 19:46 | URL | yuka #-[ 内容変更]
善福寺の鷹さんへ。
 コメントをありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いします。
2006-04-13 Thu 19:48 | URL | yuka #-[ 内容変更]
ホルキーさんへ。
 コメントをありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
2006-04-13 Thu 19:52 | URL | yuka #-[ 内容変更]
Re>
“負の連鎖”・・・裾野の広い問題ですよね。
子供たちにとっては、必ずしも選択肢が複数ある状況ではなく、強要のSEXが初めての性体験であったという少女たちが、少なからずいることも悲しい現実です。
2006-04-13 Thu 23:31 | URL | まさ in 博多 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。