The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
募金報告
2006-04-17 Mon 23:02
 先月は、ちょこちょことウガンダのお話をさせていただく機会がありました。心より感謝致します。
 ラカイ地区の「孤児院・兼・職業訓練所」建設・運営プロジェクトですが、 現在66万5000円と100ドルが集まりました。
 ご協力いただいた皆様、そして励ましのお言葉を下さった皆様。又今後のアイディアを下さった皆様、本当にありがとうございます。又随時報告させていただきます。

みずほ銀行、自由が丘支店(普)1015045 
「ウガンダの子供たちへ」
 今後ともどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 寄付のお願い | コメント:4 | トラックバック:0
<<Mukwano会発足 | ウガンダ←イギリス→日本便り | Rakai report written by Mr.Takechiyo No.3>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-04-20 Thu 00:02 | | #[ 内容変更]
集まってきましたね。
ゆかさんもご存知かもしれませんが、ザンビアの首都・ルサカ郊外に2004年、マリー・ナムプグウェという女性がデイケアセンターをつくったそうです。そこでは、孤児たちに製陶や大工や裁縫の職業訓練を行っているようです。
現実として、技能をもち、食糧生産と所得創出に貢献できる人材がいる世帯では、経済的困窮等は起こりにくくなりますよね。孤児のなかでも、とりわけ少女には、成人して妥当な給料が支払われる安定した仕事を見つけられる機会が限られている分、将来の収入創出の可能性のある技能を身につけさせることができれば、はじめの一歩ですが、希望の光が見えてきます。ただ、現実問題として、訓練プログラム終了後の、職業紹介や事業開始支援などのケアも必要になるようですね。

※ゆかさん、ウガンダ日記を本のようなカタチにする予定はないのでしょうか?タダで出来る事ではないので、気軽に言うことではないのですが、幅広い範囲への啓蒙と募金活動の助けになるのではと・・・言い尽くされている事とは思いますがi-229
2006-04-20 Thu 03:49 | URL | まさ in 博多 #-[ 内容変更]
まささんへ
 いつもコメントをありがとうございます。教えていただいた上記の話は、知りませんでした。職業訓練所は、アフリカ諸国では色々な所にありますが、卒業後のケアは大切ですよね。
 実は、今回のラカイプロジェクトにあたっては、実際に別の地区にある、職業訓練所で「建築」を学んだ生徒数人にも、建築のお手伝いをしていただこうと思っています。勿論仕事として・・・。
 本ですか・・・ 考えていないですね。すみません。(文章力がないのと、個人的な日記なので、うーーん。難しいですね・・) 
2006-04-23 Sun 01:48 | URL | yuka #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-05-11 Thu 12:37 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。