The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
講演会聴講
2006-04-26 Wed 18:58
 立教大学の教員、そしてNGO「アジアコミュニティーセンター21」の代表をされている伊藤 道雄さんの講演会に参加。「世界の貧困問題に挑戦するNGO」と題してのお話は、日本社会におけるNGOの位置づけの他、NGOの役割、戦争が生み出すもの、マイクロファイナンスの話まで幅広く、かつ分かりやすく・・・。
 マイクロファイナンスが一躍脚光を浴びるようになったのは、バングラデシュのグラミン銀行の成功によってだ。一大学教授が、貧しい女性グループへの小口融資を始め、途上国の貧しい人々が貧困から脱出できる仕組みを作った。小口融資とはいくらか??
約3000円とのこと。確かに3000円は、途上国では日本の何倍もの貨幣価値があるからなあ・・・。援助としての融資ではなく、人々が自由に活用できる継続的な金融サービス。ローンの返済率の高さから、新たなビジネスにもなってきたとのこと。
 ウガンダにもUWESOというウガンダのNGOがあり、ウガンダにこれまで存在しなかった「貯蓄の概念」を浸透させるべく、活動している。女性たちがグループに分かれ、各グループで毎月決められた額を、銀行口座へ預ける。病気などでお金が必要な時は、そこからお金を引き出し、余裕がある時は利子をつけて返却する仕組み。これも、ルーツはグラミン銀行からか・・!?
 最後に伊藤先生は、現在61歳。ユネスコの憲章「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」。この前文に触れて、ユネスコに夢を抱き、大学院で国際行政を学ぶ。その後アメリカに留学され、伝を辿って、ユネスコへ。覗いてみたユネスコは、温室の様で自分が理想とする場所とは違った。
その後、日本国際交流センターや、国際協力NGOセンターなどで尽力。これまで、フィリピンやインドネシアには50-60回訪れ、アジアの最底辺層を支援する流れを作りたいと、「アジアコミュニティーセンター21」を作られた。還暦を過ぎても、まだまだ現役。「回り道もしたけれど・・・」と語る伊藤先生の眼差しは、温かく熱かった。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるままに | コメント:2 | トラックバック:0
<<菖蒲湯 | ウガンダ←イギリス→日本便り | Mukwano会発足>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-04-29 Sat 20:26 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-04-29 Sat 22:59 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。