The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
風邪
2004-11-24 Wed 02:45
ウガンダ生活も1ヶ月半が過ぎようとしていたある日。
私は風邪をひいた。小学校での授業中に前ぶれらしき症状があった。のどが痛く、悪寒がしていたのだ。
もしや風邪をひいたかも・・・
帰宅後すぐにうがいをし、日本から持ってきたのどの痛み止めを飲んで夜8時にはベッドへ。


嫌な予感は不運にも的中した。
その夜体中が熱くなり、ひどい頭痛に襲われた。
ごそごそとベッドから這い上がり、蚊帳をめくって体温計を探しに。急いで体温を測ってみると、なんと38・8度。
こんな高熱が出たのは恐らく3年ぶりくらいで、どうりで頭が痛いわけだと妙に納得してしまった。


慌てて抗生物質を飲み、ビニール袋に氷のうを入れて、タオルと一緒に頭の上へ。それからいつの間にかぐっすりと眠ってしまった。


しかし翌朝になっても、熱は38度前後を保ったまま。
その日から実に丸3日間、私は上がったり、下がったりする熱といっこうにひかないのどの痛みと戦わなければならなかった。
この風邪をひいたことに関しては、自分でも思い当たる節があった。それは前日の夜、ウガンダ人の友人たちに誘われて、夜戸外で食事をしていたからだ。夜外出することが久しぶりだったため、すっかり上着を持っていくことを忘れていたのだ。


ここウガンダは朝と夜の冷え込みが厳しい。日中は概して、25度くらいから33度くらいなのだが、朝晩にもなると、15度近くまで一気に下がる。だから必ず外出時は1枚厚手の上着を形態しておかなくてはならない。長ズボンに長袖のシャツ、フリースを着こんでもまだひやっとすることもある。


熱でうなされていたある午後、Yuka Yukaとどこからか子供たちの声が聞こえた。
夢でも見ているのかと思ったが、その声はいっこうに止まない。はっと目を覚ますと家の外からだ。


ぐらぐらと熱で揺れる頭を必死で抑えて、私は這い蹲るように家の外へ出てみた。
突然の訪問者は近くに住む子供たち6人だった。
「Are you OK?」
子供たちは一往に聞いてくる。
皆私が具合が悪いことを知っているようだ。きっと昼間ミネラルウォーターを買いに行った近くのお店の人が伝えたんだろうな。


村では人から人への情報網が早い。
「I am not so fine today.I have a high fever」(今日はそんなに元気じゃない。熱があるから)と説明をして、「元気になったら遊ぼうね、バイバイ。」と言う。
でも子供たちは「sorry,sorry」(かわいそうに)を繰り返し、帰ろうとしない。


そして「What can we do for you?」(何か私たちにできることある?)と聞いてくるのだ。
困ったなあ・・どうしよう。そうだ。フルーツを買ってきてもらおう。


私は小さな紙切れにパッションフルーツ 5(500シリング 約32円)、オレンジ 2(200シリング 約13円)と書いて1番年長の男の子(Grace 16歳)に900シリングを渡した。家の近所での買い物には慣れているため、価格も容易に目安がついた。200シリングのおつりは、何か買って皆で食べてねというメッセージも加えて。


私は子供たちが戻ってくるのをソファで寝転がりながら、ぼーっと待っていた。1時間半以上が経過しただろうか。
子供たちの足でも約20分もあればお店に行って帰ってこれるはず・・・おかしいなあ・・はて、さては200シリングで買ったものを我慢しきれずに皆で食べてしまっているのかな。それともどこかで道草でも食っているのだろうか。


寝て待っていようと思った途端。私の名前を呼ぶ声が聞こえた。慌てて外に出ると、なにやら子供たちがいくつものビニール袋を抱えて立っている。
そして私に買ってきたよ!と袋の束をくれるのだった。
よく中を見てみると、頼んだ覚えのないマンゴーやチャパティー、ジャックフルーツが入っている。


「マンゴーは喉に良いから買って来たよ」
「チャパティー、ゆか好きでしょう。」
「ジャックフルーツも好きって言ってたよね」


子供たちからその3品に対しての説明を受ける。
そっかそっか。ありがとう。
でもあなたたちは何か買えたの?と聞けば、
「We don't want」(私たちはいらない)との答えが返ってくる。


マンゴーにチャパティーにジャックフルーツ・・・この3つだけでも500シリングはするはずだ。ということは子供たちが足りない分のお金を払ったのだろうか。聞いてみるとそうだという。


私は急いで財布をとってきてお金を渡そうとするが、子供たちは「No,No.This is yours.our presents」だと言ってきかない。
じゃあ皆で食べようと言っても「No, No」と言い続ける。困惑してしまった。


きっとこの子供たちは畑仕事や薪拾いをして手にした、ほんのわずかなお小遣いだろうに。

更にFred(14歳)という男の子が後ろ手に持っていた何かを私に差し出してきた。

ん?ピンクや赤の小さな花束。


「わあ、かわいい」マーガレットに似たかわいらしい小さな花だった。「これ、何という名前?」「名前は分からないよ。皆で拾ったんだ」と無邪気に笑う。


「きれいだね。ありがとう!」

子供たちの顔を眺めながら、私は言いようもない幸福感に包まれた。
こんな風邪の日も私は子供たちに助けられ、励まされている。子供たちからもらった名もなき花たちは、すっかり風邪が治った今も、懸命に生き、美しき姿を見せてくれている。


皆様も体にはくれぐれも気をつけて。(日本ももう大分寒くなっているのでは・・?)
スポンサーサイト
別窓 | ウガンダでの生活
| ウガンダ←イギリス→日本便り |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。